2016年11月03日

菅義偉官房長官が早期のTPP承認訴え 「何としても日本主導で仕上げる」

菅義偉官房長官が早期のTPP承認訴え 「何としても日本主導で仕上げる」

菅義偉官房長官が早期のTPP承認訴え 「何としても日本主導で仕上げる」
http://www.sankei.com/politics/news/161103/plt1611030022-n1.html
2016.11.3 17:54

菅義偉官房長官は3日、東京都内で講演し、米大統領選で民主、共和両党の候補2人が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に反対していることに関し「保護主義に対して非常に危機感を持っている」との認識を示した。その上で、今国会で審議中のTPP承認案・関連法案をめぐり「何としても日本主導で仕上げていかないと世界が間違った方向にいってしまう」と述べ、早期承認の必要性を訴えた。

 また、TPP承認案などの国会審議に関し「野党から『対米追従だ』とよく言われるが、今回は『2人の米大統領候補が反対しているのに何で急ぐんだ』と逆のことを言われている」とも語った。


菅義偉4.PNG



TPP承認案・関連法案を巡り「何としても日本主導で仕上げていかないと世界が間違った方向にいってしまう」と述べ、早期承認の必要性を訴えた。
トランプもヒラリーもTPPに反対しているのに、TPPの承認を急ぐ必要があるのか。
TPPを日本主導で仕上げようと必死ですな。
TPPの強行採決だけは許さない。
#TPP強行採決反対



菅義偉官房長官、TPP採決延期に危機感 「TPPを日本主導で仕上げないといけない」
http://www.sankei.com/politics/news/161103/plt1611030019-n1.html
2016.11.3 13:30

菅義偉官房長官は3日、東京都内で講演し、環太平洋連携協定(TPP)承認案の強行採決を巡る発言を「冗談」とした山本有二農相の1日の発言を受けて衆院TPP特別委員会での採決が延期されたことに危機感を示した。「市場の拡大は極めて大事だ。TPPを何としても日本主導で仕上げないといけない」と述べた。

 自身も「失言に気を付ける」と強調。米大統領選の民主、共和両党候補が共にTPPに反対している現状に関連し「保護主義の流れを変えないと世界は間違った方向に行ってしまう」と指摘し、TPP早期承認の必要性を訴えた。

 アジア諸国との関係については「中国との間だけが若干ぎくしゃくしているが、首脳会談の度に良くなっている」と述べ、日中間のさらなる改善に期待感を示した。
ラベル:TPP 菅義偉
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック