2016年10月23日

衆議院福岡6区補選 鳩山二郎氏が当選確実 自民が追加公認

衆議院福岡6区補選 鳩山二郎氏が当選確実 自民が追加公認

福岡6区補選 鳩山氏が当選確実 自民が追加公認
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161023/k10010741181000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
10月23日 21時03分

衆議院福岡6区の補欠選挙は23日に投票が行われ、新人で元大川市長の鳩山二郎氏が、ほかの3人の新人を抑え、初めての当選を確実にしました。自民党は23日夜、鳩山氏を追加公認しました。

衆議院福岡6区の補欠選挙の開票は、一部の開票所を除いて23日午後9時から始まりました。
開票状況について選挙管理委員会の発表は、まだありませんが、NHKが開票所で行っている取材では、新人の鳩山二郎氏が、ほかの3人の新人を大きく引き離す勢いです。また、NHKの情勢取材や、投票を済ませた有権者を対象に行った出口調査などでも鳩山氏が極めて優勢で、今後順調に得票を伸ばすと見込まれることから、鳩山氏の初めての当選が確実になりました。

鳩山氏は東京・文京区出身の37歳。ことし6月に死去した自民党の鳩山邦夫元総務大臣の次男で、邦夫氏の秘書を経て、先月までの3年間、大川市長を務めました。

今回の福岡6区の補欠選挙で、自民党は候補者の公認を見送り、鳩山氏と、麻生副総理兼財務大臣らが支援する無所属の新人が立候補して分裂選挙になりました。一方、野党側は、民進党が新人を擁立し、候補者を取り下げた共産党と、自由党、社民党が支援しました。

選挙戦で鳩山氏は、父の邦夫氏から引き継いだ後援会を中心にして運動を展開し、邦夫氏が会長を務めていた国会議員グループのメンバーの応援も受けました。そして、市長を務めた経験を生かして地場産業や農業の振興に取り組みたいなどと訴え、自民党の支持層を固めたほか、公明党の支持層や支持政党を持たない無党派層などからも幅広く支持を集め、初めての当選を確実にしました。自民党は23日夜、鳩山氏を追加公認しました。

初めての当選を確実にした鳩山さんは「保守が分裂する厳しい選挙だったが、強力に支援の輪を広げていただき、勝ち切ることができた。頂いた期待は、私の父が福岡6区の皆様に愛されてきたことの証だと思う。ふるさとのために命をかけて仕事をしていくことをお誓いする」と述べました。

落選が確実となった新人の新井富美子氏は「敗因は、私の力不足と知名度の低さにあると思う。ゼロからのスタートで皆様に押し上げていただき、民進党の存在感を十分にアピールできる選挙になり、大きな前進だと私は思う。結果は残念だが、決して悲観することはない」と述べました。

落選が確実となった新人の藏内謙さんは「今回の選挙の結果は私の力不足であり、すべて私の責任だ。支えていただいたすべての皆様にお礼を申し上げるとともに、これからも地域の発展のためにまい進していきたい」と述べました。


鳩山二郎・当確・補選.PNG



衆議院福岡6区の補欠選挙は23日に投票が行われ、新人で元大川市長の鳩山二郎氏が、ほかの3人の新人を抑え、初めての当選を確実にした。
自民党は23日夜、鳩山氏を追加公認した。
敗れた藏内謙氏(35)は、民進党の新井富美子(49)に負けている。
自民党は分列選挙だった訳ですが、鳩山二郎が勝って良かったではないですか。
追加公認するのは当然でしょう。
NHK開票速報
http://www.nhk.or.jp/fukuoka2/senkyo/




参考

福岡・大川市長の鳩山二郎氏が衆院福岡6区補選で出馬へ 自民公認なくても無所属で 鳩山邦夫元総務相の次男
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/440604284.html




関連

[衆議院ダブル補選] 衆議院2補選投票始まる 今夜にも大勢判明 東京10区と福岡6区
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/443049006.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック