2016年10月21日

民進党、蓮舫氏の東京比例1位検討 次期衆議院選、「党首なら小選挙区で戦うべきだ」と反発も

民進党、蓮舫氏の東京比例1位検討 次期衆議院選、「党首なら小選挙区で戦うべきだ」と反発も

民進、蓮舫氏の東京比例1位検討 次期衆院選、反発も
http://this.kiji.is/162152975874736135?c=39546741839462401
2016/10/21 19:57

民進党執行部が、次期衆院選で参院からのくら替えに意欲を示す蓮舫代表について、比例代表単独で立候補し、東京ブロックの名簿登載順位1位とする案を検討していることが分かった。党関係者が21日明らかにした。ただ党内からは「党首なら小選挙区で戦うべきだ」(都連関係者)と反発する声も出ており、曲折が予想される。

 執行部は当初、東京の小選挙区を検討した。しかし、多くが現職や公認内定者で埋まっているため、東京ブロックの比例単独候補とする案が有力になった。蓮舫氏は7月の参院東京選挙区で約112万票を得ており、票の底上げが期待できるとの判断もあるという。


蓮舫・朝鮮者.PNG



民進党の党首なのに、参議院からのくら替えは、比例代表単独で立候補し、東京ブロックの名簿登載順位1位とは、おかしいだろう。
「民進党」か「蓮舫」と書けば、当選確実ではないか。
二重国籍で二転三転する発言をして、日本国籍の選択宣言をしたのは、10月7日付です。
それまで25年以上も二重国籍の状態でした。
国民も納得いかないよ。
挑戦者ならぬ朝鮮者ですな。




関連

[二重国籍問題] 蓮舫氏は25年以上違法状態か 「二重国籍」で金田勝年法務相の見解
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442934987.html
ラベル:蓮舫
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック