2016年10月20日

[TPP] 山本有二農水相、特別委で「強行採決は「佐藤勉議運委員長が決める」」発言を陳謝 民進は「強行で凶暴だ」と退席

[TPP] 山本有二農水相、特別委で「強行採決は「佐藤勉議運委員長が決める」」発言を陳謝 民進は「強行で凶暴だ」と退席

【TPP】
山本有二農水相、特別委で「強行採決」発言を陳謝 民進は「強行で凶暴だ」と退席
http://www.sankei.com/politics/news/161019/plt1610190033-n1.html
2016.10.19 20:17

山本有二農水相の発言をめぐり空転していた衆院環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会は19日夜、審議を開始。山本氏は、TPP承認案の強行採決が選択肢になると受け取れる自らの発言に関し「『採決は国会で決めることだ』との意をお伝えしたかった。いずれにせよ発言を撤回し、おわび申し上げる」と陳謝した。

 審議開始に反対していた民進、共産両党は開始直前、「これも強行だ」「強行で凶暴だ」などと抗議して退席。日本維新の会の質疑のみを行い、約30分で閉会した。

 山本氏は18日夜に開かれた佐藤勉衆院議院運営委員長(自民党)のパーティーで「野党は『強行採決するやろ』と安倍晋三首相に聞くが、私は内心思っている。強行採決するかどうかは佐藤さんが決めるんだと」と述べた。


山本有二・謝罪.PNG



山本有二農水相の発言を巡り空転していた衆院TPP特別委員会は19日夜、審議を開始。
山本氏は、TPP承認案の強行採決が選択肢になると受け取れる自らの発言に関し「『採決は国会で決めることだ』との意をお伝えしたかった。いずれにせよ発言を撤回し、おわび申し上げる」と陳謝した。
民進党と共産党の審議拒否は問題です。
与党と日本維新の会というTPP賛成派のみが審議をしているではないか。
税金の無駄遣いです。
例え、強行採決に関するものでも審議拒否するな。



TPP強行採決に言及=山本農水相
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101800926&g=pol
(2016/10/18-23:58)



山本農相を厳重注意…菅氏、TPP強行採決発言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161019-OYT1T50089.html?from=ytop_ylist
2016年10月19日 14時32分



【民共が途中退席審議ストップの一部始終】山本有二大臣、丸山穂高(維新)【衆議院 国会中継】〜平成28年10月19日 TPP特別委員会〜
ラベル:山本有二 TPP
【関連する記事】
posted by hazuki at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック