2016年10月19日

ネットへの「同時配信」、課題を検証へ…高市早苗総務相

ネットへの「同時配信」、課題を検証へ…高市早苗総務相

ネットへの「同時配信」、課題を検証へ…高市氏
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20161018-OYT1T50127.html?from=ytop_ylist
2016年10月18日 20時39分

高市総務相は18日の閣議後の記者会見で、放送と同時にインターネットで番組を流す「同時配信」の課題を有識者会議で検証する方針を示した。

 今後、スマートフォン向けの番組配信が拡大すると見込まれ、通信システムに与える負荷などの技術的な課題や、設備利用の負担をどうするかといった議論を本格化させる。

 NHKや民放各社は若者の「テレビ離れ」に対応するため、同時配信の実証実験を進めている。テレビだけでなく、スマートフォンなどでも番組を見られるようになれば、視聴者の確保につながると期待される。

 ただ、同時配信が拡大すると、特定の時間に視聴が集中するなどした場合、既存の通信システムに過度の負荷がかかる恐れがある。新たなシステムの整備が必要になれば、放送事業者による費用の負担が求められる可能性もある。


高市早苗・NHK受信料.PNG



高市総務相は18日の閣議後の記者会見で、放送と同時にインターネットで番組を流す「同時配信」の課題を有識者会議で検証する方針を示した。
朝日新聞の報道によると、「総務省は、テレビ番組をインターネットで同時に配信する「ネット同時配信」を2019年にも全面解禁する方針を固めた。NHKのネット同時配信を制限している放送法を改正し、民放にも参入を促す。ネットでNHKを見る人から受信料を取る仕組みについても議論を始める。」とのことです。
私は、朝日新聞と過去に揉めたことがあるので、全文の転載をしたくありません。
読売新聞の報道を記事にしていますが、下記に朝日新聞のリンクを貼っておくので、確認方お願いします。
テレビ、ネットを同時配信すると「海外からも見られる訳で、世界の人から受信料徴収します。NHK」という話になりますかね。



テレビ、ネット同時配信へ 法改正で19年にも全面解禁
http://www.asahi.com/articles/ASJBL6V0HJBLULFA02Q.html
上栗崇、藤崎麻里 2016年10月19日03時01分
ラベル:高市早苗
【関連する記事】
posted by hazuki at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック