2016年10月18日

TPP「再交渉はしない」…衆院TPP特別委員会で安倍首相明言

TPP「再交渉はしない」…衆院TPP特別委員会で安倍首相明言

TPP「再交渉はしない」…特別委で首相明言
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20161017-OYT1T50104.html?from=ytop_ylist
2016年10月17日 18時04分

環太平洋経済連携協定(TPP)承認案・関連法案を審議する衆院TPP特別委員会は17日、野党が今国会初めてとなる総括質疑を行い、本格的な論戦に入った。

 民進党がTPPの交渉記録の開示を求めたのに対し、首相は「国民に影響するのは交渉結果だ。結果は示しているので、議論をいただきたい」と述べ、合意内容についての議論を進めるよう呼びかけた。

 首相は、民進党などが「合意内容はコメなどの関税維持を求めた国会決議違反」などと主張していることを念頭に、「農林水産品の約2割は関税等による保護を維持できた。自動車部品の対米輸出額の8割以上の(関税)即時撤廃を確保した。攻めるべきは攻め、守るべきは守った」と強調した。

 米国で再交渉を求める声が上がっていることに関しては、「(合意は)12か国によってつくり上げたガラス細工のようなものであるので、再交渉はしない」と明言した。


石原伸晃と安倍首相.PNG



米国でTPPの再交渉を求める声が上がっているのに、TPPの再交渉はしない。
国民に影響するのは交渉結果で結果は示しているというのは、嘘ではないですか。
TPP交渉ののり弁のような黒塗り資料などで交渉の内容を秘匿していて、結果を示していない。
明らかになっているのは、TPPが発効するとISD条項の導入もされることだ。
月内のTPP関連法案の衆議院通過を目指していて、必死ですね。
#StopTPP
#NoTPP






野潔 @kiyoshi925
『弱者切り捨て』歴史上で弱肉強食を謳って滅びなかった国はない。秘密保持契約で未だ意味不明なTPP。なし崩しの交渉妥結を狙う。グローバルは卑怯だ。米国と米国の企業の支配下に置かれ、高所得者しか生きられない。TPP参加は偽善者の誘惑での悲劇の始まり、規制ぶち壊しには経済戦争しかない。




参考

TPP「月内採決」で攻防=野党は徹底審議要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442827019.html
ラベル:安倍晋三
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック