2016年10月17日

安倍首相出席きょう審議 TPP論戦本格化

安倍首相出席きょう審議 TPP論戦本格化

首相出席きょう審議 TPP論戦本格化
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161017-00010000-agrinews-pol
日本農業新聞 10月17日(月)7時0分配信

環太平洋連携協定(TPP)承認案と関連法案を巡る国会論戦が本格化する。衆院TPP特別委員会は17日、安倍晋三首相が出席して7時間の集中審議を行い、最初のヤマ場を迎える。民進党など野党は、売買同時入札(SBS)米の不透明取引の問題や情報開示の在り方などで政府を追及する構えだ。

 政府・与党はTPPをアベノミクスの「成長戦略の切り札」と位置付け、11月30日までの会期内成立を目指す。参院の議決がなくても自然承認となる10月中の衆院通過に意欲を見せる。14日の審議入りを押し切ったのは、早期発効にこだわる首相官邸の強い意向が働いたとされる。

 18日には引き続き首相が出席して3時間の審議を行う予定だ。これらを終えれば、先の通常国会での23時間と合わせて審議時間は36時間となり、与党が目安とする40時間に近づく。与党内には早くも審議の「出口」を探る動きも出ており、野党は強行採決を警戒する。

 ただ、現状では、合意内容が十分に検証されておらず、農家や国民の理解は進んだとは言い難い。審議を通じ、政府には不都合なことも含めて説明を尽くす姿勢が求められる。

 野党の対応にも注目が集まる。政府の揚げ足とりに終始しては議論が深まらず、TPPの問題点を国民の前にきちんと明らかにできるかどうかが問われる。


安倍首相・年金減額.PNG



TPP承認案と関連法案を巡る国会論戦が本格化する。
衆院TPP特別委員会は17日、安倍晋三首相が出席して7時間の集中審議を行い、最初のヤマ場を迎える。
14日の審議入りを押し切ったのは、早期発効にこだわる首相官邸の強い意向が働いたとされる。
安倍政権は、参議院の議決がなくても自然承認となる10月末までのTPP承認案と関連法案の衆議院通過を目指しています。
米大統領選までにはTPPの批准をしたい模様です。
強行採決だけは許さない。
#StopTPP
#NoTPP






野潔 @kiyoshi925
『弱者切り捨て』歴史上で弱肉強食を謳って滅びなかった国はない。秘密保持契約で未だ意味不明なTPP。なし崩しの交渉妥結を狙う。グローバルは卑怯だ。米国と米国の企業の支配下に置かれ、高所得者しか生きられない。TPP参加は偽善者の誘惑での悲劇の始まり、規制ぶち壊しには経済戦争しかない。




参考

TPP「月内採決」で攻防=野党は徹底審議要求
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442827019.html
ラベル:安倍晋三
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック