2016年10月15日

安倍首相、年金法案への理解要請 「若年層の信頼得られる」

安倍首相、年金法案への理解要請 「若年層の信頼得られる」

首相、年金法案への理解要請 「若年層の信頼得られる」
http://this.kiji.is/159254376971780105?c=39546741839462401
2016/10/13 19:59

安倍晋三首相は13日の参院予算委員会で、今国会成立を目指す年金制度改革法案に関し「現役世代の負担能力に応じて給付を行う仕組みだ。年金制度に対する若い世代の信頼を得られる」と述べ、理解を求めた。公明党の平木大作氏から法案の意義を問われ、7分以上にわたって答弁した。野党は、高齢者への年金給付が抑制されるとして「年金カット法案」と名付け、反発を強めている。

 首相は、賃金が下がれば年金を減額する仕組みが盛り込まれていることに関し「安倍政権は賃金上昇を含む経済再生に取り組んでいる。賃金が下がり、それに応じ年金が下がることを前提としていない」と述べた。


安倍首相・年金減額.PNG



賃金が下がれば年金を減額する仕組みが盛り込まれているのならば、将来に年金の受給がされるか分からない若者の支持は得られないでしょう。
年金を10年間、支払えば、無年金にならずに済むのは良いのですが、年金で損失を出したGPIFの給与カットから実施して下さい。
国民は納得いきません。




参考

自民が狙う年金「強制減額」 無年金者救済法案を“人質”に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442825619.html


ラベル:安倍晋三
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック