2016年10月03日

ノーベル医学・生理学賞 東工大 大隅良典栄誉教授 「オートファジー」の仕組みを解明

ノーベル医学・生理学賞 東工大 大隅良典栄誉教授 「オートファジー」の仕組みを解明

ノーベル医学・生理学賞 東工大 大隅良典栄誉教
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161003/k10010716211000.html
10月3日 18時35分

ことしのノーベル医学・生理学賞の受賞者に、細胞が不要になった、たんぱく質などを分解する、「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明した東京工業大学栄誉教授の大隅良典さん(71歳)が選ばれました。日本人のノーベル賞受賞は3年連続、アメリカ国籍を取得した人を含めて25人目で、医学・生理学賞の受賞は去年の大村智さんに続き4人目です。


大隅良典・東工大教授.PNG



スウェーデンのカロリンスカ研究所は3日、2016年のノーベル医学・生理学賞を、飢餓状態に陥った細胞が自らのタンパク質を食べて栄養源にする自食作用「オートファジー」の仕組みを解明した東京工業大の大隅良典栄誉教授(71)に授与すると発表した。
今年も日本人がノーベル賞を受賞です。
3年連続とは凄いですね。
おめでとうございます。



大隅良典氏にノーベル医学・生理学賞 「オートファジー」の仕組みを解明
http://www.sankei.com/life/news/161003/lif1610030031-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/161003/lif1610030031-n2.html
2016.10.3 18:39
【関連する記事】
posted by hazuki at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック