2016年09月29日

TPP特別委の自民・福井照理事が辞任 「強行採決で実現する」と発言

TPP特別委の自民・福井照理事が辞任 「強行採決で実現する」と発言

TPP特別委の自民・福井照理事が辞任 「強行採決で実現する」と発言
http://www.sankei.com/politics/news/160929/plt1609290039-n1.html
2016.9.29 18:22

今国会で環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の承認案などを審議する衆院特別委員会理事の福井照衆院議員(自民)が29日、所属する二階派の会合で「委員会で西川(公也)先生の思いを強行採決という形で実現するように頑張る」と述べた。

 福井氏は発言の責任を取って竹下亘国対委員長に理事の辞任を申し入れ、了承された。岸田派所属だった福井氏は29日に二階派入りが了承された。TPP特別委前委員長の西川氏も同派に所属している。


福井照.PNG



「委員会で西川(公也)先生の思いを強行採決という形で実現するように頑張る」
これは、自民党のTPP推進派の本音でしょう。
米大統領候補のヒラリーとトランプがTPPに反対しているので、TPPは漂流しそう。
TPPの批准は強行採決しかないと思われます。
#StopTPP
#NoTPP
ラベル:福井照
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック