2016年09月28日

政府、タックスヘイブン(租税回避地)規制へ 海外ペーパーカンパニーには全て日本の税率で課税

政府、タックスヘイブン(租税回避地)規制へ 海外ペーパーカンパニーには全て日本の税率で課税

ペーパー会社は全て課税 海外税逃れ防止への新ルール判明
http://this.kiji.is/153454158286979075?c=39546741839462401
2016/9/27 19:51

海外子会社を通じた日本企業の税逃れを防ぐため、政府が検討する新たな課税ルールが27日判明した。ペーパー会社を海外に作った場合、その国の法人税率がどうあれ全て日本の税率を適用して課税することが柱。税逃れを指南する専門家への開示義務も新たに定め、必要に応じ罰則を科す。

 新ルールは段階的に適用し、ペーパー会社の課税強化は今年末の2017年度税制改正、指南役対策は18年度改正に盛り込む。節税目的の所得移転に網を掛け、「パナマ文書」問題で批判が高まっている税逃れに厳しく対処する姿勢を示す。




政府が検討する新たな課税ルール。
ペーパー会社を海外に作った場合、その国の法人税率がどうあれ全て日本の税率を適用して課税することが柱。
税逃れを指南する専門家への開示義務も新たに定め、必要に応じ罰則を科す。
経団連に反対されそうですが、これは頑張って欲しいです。
個人の税逃れもお願いします。



政府 海外子会社への課税強化 配当や特許収入を国内並みに
http://www.sankei.com/economy/news/160914/ecn1609140030-n1.html
2016.9.14 22:29
ラベル:自民党
【関連する記事】
posted by hazuki at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック