2016年09月27日

通信傍受、12月から拡大=詐欺や窃盗も対象に

通信傍受、12月から拡大=詐欺や窃盗も対象に

通信傍受、12月から拡大=詐欺や窃盗も対象に
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016092700240&g=pol

政府は27日の閣議で、5月に成立した改正通信傍受法を12月1日に施行することを決めた。犯罪捜査での電話やメールなどの傍受はこれまで、組織的な殺人や薬物・銃器事案などに対象を絞っていたが、改正法施行後は適用範囲が振り込め詐欺や窃盗、誘拐などにも拡大される。
 改正通信傍受法は、取り調べの全面的録音・録画(可視化)や「司法取引」の導入を柱とする刑事司法改革関連法の一環として成立。可視化と司法取引については準備が整い次第、2019年6月までに施行されることになっている。(2016/09/27-10:55)




政府は27日の閣議で、5月に成立した改正通信傍受法を12月1日に施行することを決めた。
犯罪捜査での電話やメールなどの傍受はこれまで、組織的な殺人や薬物・銃器事案などに対象を絞っていたが、改正法施行後は適用範囲が振り込め詐欺や窃盗、誘拐などにも拡大される。
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律・法案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442299229

この記事へのトラックバック