2016年09月23日

菅義偉官房長官「そのような事実全くないと断言」 北方領土交渉で4島帰属前提にしないとの読売新聞の報道否定

菅義偉官房長官「そのような事実全くないと断言」 北方領土交渉で4島帰属前提にしないとの読売新聞の報道否定

菅義偉官房長官「そのような事実全くないと断言」 北方領土交渉で4島帰属前提にしないとの報道否定
http://www.sankei.com/politics/news/160923/plt1609230014-n1.html
2016.9.23 12:36

菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、ロシアとの平和条約締結交渉で、政府が歯舞群島、色丹島の2島返還を“最低条件”とするとの方針を固め、条約締結の際には国後島、択捉島を含む4島の帰属を北方領土問題解決の前提にしない方向で検討しているとの23日付読売新聞朝刊の報道について「そうした事実は全くない。明確に断言しておく」と否定した。

 菅氏は北方領土問題に対する政府見解について「4島の帰属問題を解決し、平和条約を締結していく。この基本方針のもと、粘り強く交渉を進める方針であることは全く微動だにしていない」と改めて強調した。


菅義偉4.PNG



菅義偉官房長官は読売新聞の報道に対して「そうした事実は全くない。明確に断言しておく」と否定した。
政府が歯舞群島、色丹島の2島引き渡しを最低条件とする方針とは、おかしいと思ったら、読売新聞の捏造記事でした。
記事の差し替えと言い、読売新聞はいい加減な報道を止めろ。




参考

北方領土、2島返還が最低限…対露交渉で条件
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/442181709.html
ラベル:菅義偉
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック