2016年09月17日

民進党“解党”加速 党首選「正当性」めぐり亀裂 蓮舫氏「二重国籍」問題

民進党“解党”加速 党首選「正当性」めぐり亀裂 蓮舫氏「二重国籍」問題
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000011-ykf-soci
夕刊フジ 9月16日(金)16時56分配信

民進党代表選は15日午後、所属国会議員らによる投開票が行われ、岡田克也代表(63)の後任に、蓮舫代表代行(48)が選出された。蓮舫氏は完全否定していた「二重国籍」を、党員・サポーターの投票終了後に、やっと認めた。党員や国民に「ウソ」をついたことになり、政治家としての信頼性や、代表選の有効性が問題視されているが、党執行部は不問とするようだ。党首選の正当性をめぐって党内亀裂が加速し、最後は解党した、かつての新進党を思い起こさせる。

 「大事なことは、リーダーになる人は『ウソをついてはいけない』ということだ。すべてを国民に明らかにしないといけない」

 代表選に出馬している前原誠司元外相(54)は15日午前、都内で開いた決起集会で蓮舫氏の「二重国籍」問題に触れ、敵対姿勢をあらわにした。

 松原仁元国家公安委員長も14日、「(蓮舫氏は)地方議員、党員・サポーターの投票が終わる前に(国籍問題を)明快にする必要があった。党執行部の判断が問われる」「代表選の運びとしてよくない。(やり直しを)党内で議論する必要がある」と、国会内で記者団にこう語った。

 篠原孝元農水副大臣も同日、「首相になるかもしれない人が二重国籍を放置した」と記者団に怒りをブチまけた。自身のブログにも「説明が二転三転したのは代表候補者として失格だ」と書き込み、蓮舫氏の選挙戦からの撤退を要求した。

 松原、篠原両氏ら衆参の有志議員約20人は、党執行部に対し、「民進党の存亡が関わる問題」との危機感を記した文書を提出した。

 党内からは「代表選のやり直し」「日程見直し」を求める声が噴出しているが、党執行部は「物理的に無理」として応じない構えだ。

 民進党は15日午後、都内のホテルで臨時党大会を開催。地方議員と党員・サポーターの投票結果が報告された後、国会議員と国政選挙公認内定者が直接投票を行った。

 蓮舫氏は、岡田克也代表ら現執行部の主要幹部に加え、非主流派の細野豪志元環境相らの支持も取り付けて優位な戦いを進めていた。

 「選んでもらうための準備も覚悟も、すべてできている。選挙に勝ち続け、政権交代を実現させる代表になる」

 蓮舫氏は14日夜の支持議員との会合で、こう強調した。日本の国籍法が認めていない「二重国籍」であることについては、「ちょっとお騒がせしている。申し訳ない」と述べるにとどめたが、その程度の認識なのか。

 別表にある通り、蓮舫氏は過去の新聞や雑誌のインタビューで、「私は、二重国籍なんです」「在日の中国国籍の者として」「自分の国籍は台湾なんですが」などと堂々と発言してきた。

 14日夜に出演したBSフジ「プライムニュース」で、蓮舫氏は「雑誌、新聞の編集権は私にはありません」「台湾の籍を持っていたのは過去のことである、という前提で話した」「『だった』という言い方です」と説明し、「二重国籍」が過失だと釈明した。

 どうやら国民が蓮舫氏の一連の言動や、民進党の対応を見極めて、次の国政選挙などで「審判」を下すしかなさそうだ。

 今回の民進党代表選は、岡田氏もかつて所属していた新進党が1995年12月に行った党首選にどこか似ている。

 小沢一郎氏(現・生活の党共同代表)と、羽田孜元首相が激突した選挙で、党員票の取りまとめなどをめぐって羽田陣営から「不正がある」などと批判・不満が噴出した。小沢氏が勝利したものの、党内亀裂が広がり、同党は97年に解党した。新進党の活動期間はたった3年間だった。

 政治評論家の森田実氏は「蓮舫氏は代表選を辞退すべきであり、政党としても立ち止まるべきなのに、強行突破するなど狂気の沙汰だ。罰則がないからといって、『二重国籍』は放置して許される問題ではない。政治は倫理であり、国会議員として堕落だ。こういう強引で不公正なことをすると組織は持たない。党員・サポーターは『だまされた』と思い、対立陣営は『蓮舫陣営は汚い』と感じる。臨時国会の最後に衆院解散を打たれたら、焦点は『蓮舫氏の二重国籍問題』となる。民進党は壊滅する。自暴自棄的な自殺行為だ。新進党の二の舞いというしかない」と語っている。




今回の民進党代表選は、岡田氏もかつて所属していた新進党が1995年12月に行った党首選にどこか似ている。
「そもそもの議員たる資格が、蓮舫にはない」「逃げた奴は維新に逃げ込むんだろうなー。」「民進党を仕分けするんですねw」など、ネットの声。
ラベル:民進党
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック