2016年09月12日

[米中枢同時テロから15年] クリントン氏が体調不調訴え追悼式典を途中退席 肺炎と診断 大統領選への影響も…

[米中枢同時テロから15年] クリントン氏が体調不調訴え追悼式典を途中退席 肺炎と診断 大統領選への影響も…

【米中枢同時テロから15年】
クリントン氏が体調不調訴え追悼式典を途中退席 肺炎と診断 大統領選への影響も…
http://www.sankei.com/world/news/160912/wor1609120006-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/160912/wor1609120006-n2.html
2016.9.12 09:25

【ニューヨーク=上塚真由】米大統領選の民主党候補、ヒラリー・クリントン前国務長官(68)が11日、ニューヨークで行われた米中枢同時テロの追悼式典で体調不良を訴え、途中で退席した。クリントン氏の医師によると、同氏は2日前に肺炎と診断されており、式典中は暑さで脱水症状を起こしたという。

 式典は、世界貿易センタービル跡地で行われた。クリントン氏はサングラス姿で11日午前8時ごろ到着したが、式典中の同9時半ごろに退席した。現場で撮影された映像では、足元がふらつき、周囲のスタッフに支えられて車に乗り込む姿が映し出された。

 その後、マンハッタンにある娘のチェルシーさんのアパートで休憩。クリントン氏は正午前に報道陣の前に姿を現し、「気分は良い」と笑顔で語った。

 事態を受けて、陣営は医師の診断内容を公表。それによると、同氏は最近、アレルギーに関連したせきの症状があり、9日に肺炎と診断された。抗生物質を処方され、日程を調整して休息を取るように指示されたという。医師は、「暑さで脱水症状を起こしたが、現在は順調に回復している」と説明した。

式典には、共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)も参加。クリントン氏は国務長官時代の2012年末、頭部の血栓で入院するなど、健康不安説が指摘されてきた。トランプ氏はこれまで「この国の課題に立ち向かうスタミナがない」と攻撃しており、健康問題が大統領選に影響を与える可能性がある。


ヒラリー・クリントン・肺炎.PNG



ヒラリーが同時テロの追悼式典で体調不良を訴え、途中で退席した。
肺炎とのことですが、ヒラリー重病説が囁かれている。
健康でない人に大統領が務まるのか。






hazukinotaboo @hazukinotaboo2
米医師の71%がクロ判定。なぜ「ヒラリー重病説」は報じられないのか? http://www.mag2.com/p/money/22255 ヒラリー・クリントン米大統領候補はパーキンソン病を患い、病状がかなり進行しているのではないか?という憶測が出回っています。(肺炎に罹っていると報道されている)



米医師の71%がクロ判定。なぜ「ヒラリー重病説」は報じられないのか?
http://www.mag2.com/p/money/22255
2016年9月11日
【関連する記事】
posted by hazuki at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック