2016年09月03日

Wire 「Pink Flag」

私が「さくらのブログ」で"Last Chance Disco"(ハンドル名: タンジェリン・ドリーム)という音楽のブログを運営していた頃の日記を少し、このブログにUPしてみようと思います。
今回は、英国のバンドのWire(ワイヤー)です。
私は初期のWireが好きです。



Wire(ワイヤー)は、1976年10月にロンドンで結成されたイギリスのロックバンドです。
「ロックでなければ何でもよい」と発言したWire(ワイヤー)の1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)は、1977年11月にリリースされました。
Wire(ワイヤー)のメンバーは、ヴォーカルの Colin Newman(コリン・ニューマン)、ギターのBruce Gilbert(ブルース・ギルバート)、ベースのGraham Lewis(グレハム・ルイス)、ドラムスのRobert Gotobed(ロバート・ゴートゥベッド)の4人ですが、ジョージ・ジルという、もう1人のギタリストが在籍していました。
結成当初、Wire(ワイヤー)のメンバーは、初めて楽器に触るようなド素人だったというエピソードがあります。
1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)には、長くても3分台、下手したら、1分に満たない短い楽曲ばかりが収録されています。
しかし、これぞ、Wire(ワイヤー)の1stアルバム、"Pink Flag"(ピンク・フラッグ)です。
後続の多くのアーティストに影響を与えました。



メンバー

Colin Newman(コリン・ニューマン)(ヴォーカル)
Bruce Gilbert(ブルース・ギルバート)(ギター)
Graham Lewis(グレハム・ルイス)(ベース)
Robert Gotobed(ロバート・ゴートゥベッド)(ドラムス)



PINK FLAG(B.Gilbert/G.Lewis/C.Newman/R.Gotobed)

I was sold up the river, to the red slave trade, the stores were gathered, the plans were laid,
synchronised watches, at 18:05, how many dead or alive, in 1955.
The pink flag was screaming, bugle boys sucked and blew, no time for
confessions, orders given, books were cooked, on the 4th of the 3rd, how many
seen or heard, on the 12th of the 3rd, how many dead or alive.



俺は売りさばかれた、赤い奴隷商人が、店に集まっていた、計画がたてられた、同時刻に合わせられた時計、18時5分に、何人死んで生きているのか、1955年には、ピンク・フラッグは叫んでいる、ラッパ吹きの少年は息を吸って吹いた、ざんげの時間はない、命令は下された、3月4日、何人が見たのか聞いたのか、3月12日、何人死んで生きているのか。

Wire "Pink Flag"
Wire Pink Flag.PNG


Wire - Pink Flag (live)

https://www.youtube.com/watch?v=5SpKDHy2KVw

Wire- 1 2 X U

https://www.youtube.com/watch?v=FdNS4g8vOnc
ラベル:WIRE
posted by hazuki at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック