2016年08月15日

成人年齢18歳に引き下げへ 政府が民法改正案を来年の通常国会に提出

成人年齢18歳に引き下げへ 政府が民法改正案を来年の通常国会に提出

成人年齢18歳に引き下げへ 政府が民法改正案を来年の通常国会に提出
http://www.sankei.com/politics/news/160815/plt1608150017-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/160815/plt1608150017-n2.html
2016.8.15 08:01

政府は成人年齢を現行の「20歳」から「18歳」に引き下げるための民法改正案を来年の通常国会に提出する方針を固めた。複数の政府関係者が14日、明らかにした。明治以来、成人年齢は20歳で定着してきたが、改正公職選挙法で今年6月から引き下げられた選挙権年齢(18歳以上)に合わせる。成立後、公布から施行まで少なくとも3年程度の周知期間を想定しており、早ければ平成32年から導入されることになる。

 法相の諮問機関の法制審議会は成人年齢の引き下げをめぐり、21年に「18歳に引き下げるのが適当」と答申しており、与野党を通じて異論は少ない。政府は、民法改正案を来年3月に閣議決定して来年の通常国会に提出する方針で、同国会で成立する見通しだ。

 成人年齢が引き下げられた場合、飲酒、喫煙の解禁年齢や、少年法の適用年齢も「20歳」(少年法は20歳未満)から「18歳」(同18歳未満)に変更するかが大きな課題となる。ただ、これらの年齢引き下げには慎重論が根強く、今回は少年法改正案などの国会提出は見送る。

成人年齢見直しの議論は、憲法改正の手続きを定めた国民投票法が19年5月に成立して始まった。国民投票法は投票年齢を原則18歳以上としたが、成人年齢や選挙権年齢を18歳に引き下げるなど関連制度が見直されるまでは20歳以上としていた。

 法制審が成人年齢の引き下げを「適当」と答申してから法改正に向けた具体的な動きはなかったが、昨年6月に選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法が成立。その後、自民党の特命委員会が成人年齢も速やかに18歳に引き下げるよう求める提言をとりまとめるなど、成人年齢の見直し作業が加速していた。




政府は成人年齢を現行の「20歳」から「18歳」に引き下げる為の民法改正案を来年の通常国会に提出する方針を固めた。
基本的には賛成なのですが、少年法改正案の国会提出は見送るのは、ダメでしょう。
飲酒、喫煙の解禁年齢の引き下げも難しいところです。
高校生が飲酒、喫煙をするのは問題ですよね。
18歳になったら、国民年金を支払う義務もありますね。
政府としては、成人年齢の引き下げはメリットがあるということです。


ラベル:自民党
【関連する記事】
posted by hazuki at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック