2016年08月15日

[五輪テニス] 錦織圭、日本勢96年ぶりの銅メダル ナダルとの激闘制す 男子3位決定戦

[五輪テニス] 錦織圭、日本勢96年ぶりの銅メダル ナダルとの激闘制す 男子3位決定戦

【五輪テニス】
錦織圭、日本勢96年ぶりの銅メダル ナダルとの激闘制す 男子3位決定戦
http://www.sankei.com/rio2016/news/160815/rio1608150038-n1.html
2016.8.15 04:44

リオデジャネイロ五輪は大会第10日の14日、五輪テニスセンターでテニス男子シングルス3位決定戦を行い、世界ランキング7位で第4シードの錦織圭(日清食品)は世界ランキング5位で第3シードのナダル(スペイン)を6−2、6−7、6−3で破り、日本選手96年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した。

 錦織は第1セット、第5、7ゲームでナダルのサービスを連続してブレークし、流れをつかんだ。第2セットは一時5−2でリードするもナダルが驚異的な粘りを見せ、タイブレークを奪われた。第3セットは錦織が先に第4ゲームでブレークし、主導権を握った。ナダルにはブレークを許さず、2時間49分の激闘を制した。(五輪速報班)


錦織圭・銅メダル.PNG



リオ五輪、テニス男子シングルス3位決定戦で、世界ランキング7位で第4シードの錦織圭(日清食品)は世界ランキング5位で第3シードのナダル(スペイン)を6−2、6−7、6−3で破り、日本選手96年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得した。
やったね。
銅メダル、おめでとうございます。
【関連する記事】
posted by hazuki at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック