2016年08月12日

金正恩「金メダル5個取って来い」 → 未だに金0個で北朝鮮選手呆然

金正恩「金メダル5個取って来い」 → 未だに金0個で北朝鮮選手呆然

リオ五輪:「金5個」を指示された北選手団、大会5日目までゼロ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/11/2016081101021.html
記事入力 : 2016/08/11 09:38

崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党副委員長の激励も叶わず、リオデジャネイロ・オリンピックにおける北朝鮮の成績はこれまでのところ全く振るわない状態が続いている。

 10日(以下、韓国時間)に行われた女子重量挙げ63キロ級で、北朝鮮のチェ・ヒョシム(23)が合計248キロで銀メダルを獲得した。この結果、北朝鮮は銀メダル2個となり総合順位は25位となった。8日には北朝鮮重量挙げ界の英雄と呼ばれるオム・ユンチョル(25)が男子56キロ級で銀メダルを獲得したものの、現時点で北朝鮮は金メダルが1つもない。当初、北朝鮮は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の指示により、前回のロンドン大会(金4・銅2)を上回る「金メダル5個以上」を目標としてきた。

 ところが金メダル確実とみられたオム・ユンチョルに続き、10日には同じく金メダルが期待されていた女子25メートル・ピストルのチョ・ヨンスク(28)が決勝進出に失敗し、重量挙げ男子69キロ級のキム・ミョンヒョク(26)はジャークで1回も成功できず失格となった。さらに女子10mシンクロ高飛込決勝ではキム・グクヒャン(17)−キム・ミレ(15)のペアも4位でメダルに届かなかった。大会序盤での成績が振るわなかったことで北朝鮮選手団は目標達成が難しくなり、選手たちの間には緊張が走っている。

 ただし北朝鮮がエントリーしている9種目の中で重量挙げ、体操、レスリングなどの得意種目もまだ残っている。13日にはロンドン・オリンピックの女子重量挙げ63キロ級で金メダルを獲得したリム・チョンシム(23)が75キロ級に出場し金メダルをねらう。また16日には北朝鮮体操界のスター、リ・セグァン(31)が種目別跳馬で金メダルにチャレンジする。ちなみに跳馬は優勝候補だった韓国の梁鶴善(ヤン・ハクソン)がけがで出場できなかった注目の種目だ。さらに19日には女子10m高飛び込みでキム・グクヒャンが金メダルをねらう。

アン・ジュンヨン記者


金正恩2.PNG



北朝鮮の選手は金メダルを目指して必死ですね。
金メダル5個以上、獲得出来なければ、北朝鮮に帰国したら、どんな生活が待っているの?
金正恩は怖いですね。
金正恩はミサイルを飛ばす金を金メダルを獲得する為に使えば良いのでは?
ラベル:北朝鮮
【関連する記事】
posted by hazuki at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック