2016年08月07日

通貨スワップ「不要」と打ち切った朴政権 日韓財務対話で復活要求の模様

通貨スワップ「不要」と打ち切った朴政権 日韓財務対話で復活要求の模様

通貨スワップ「不要」と打ち切った朴政権 日韓財務対話で復活要求の模様… (1/2ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160805/frn1608051900006-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160805/frn1608051900006-n2.htm
2016.08.05

日本との「通貨交換(スワップ)協定」再開に焦り始めた韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権。8月下旬に開かれる日韓財務対話でも蒸し返されそうだ。韓国の金融危機時の資本流出リスクが「世界最悪レベル」と分析されるなど、韓国経済の脆弱(ぜいじゃく)さが背景にある。

 日韓の財務相や、財政や税制を担当する財務省幹部らが出席し、経済や金融問題について定期的に意見を交わす日韓財務対話は、2012年8月に島根県の竹島に李明博(イ・ミョンバク)前大統領が不法上陸した後、中断していたが、昨年5月に2年半ぶりに再開された。今回の会合は8月27日にソウルで開かれ、金融市場の動向のほか、通貨スワップ協定の復活に関しても議論される可能性があるという。

 通貨スワップは金融危機などの緊急時にドルなどの通貨を融通し合う仕組みで、日韓間の協定は01年に締結され、11年には700億ドル(約7兆1750億円)の規模まで拡大した。しかし、朴政権側から「協定延長は不要」との声が出て、昨年2月に打ち切られた。

 日本にとっては協定が延長されても消滅しても影響はほぼなかったが、韓国は、頼みの中国経済の失速や英国の欧州連合(EU)離脱決定といった外部要因もあって、資本流出への危機感が募っているようだ。

韓国経済新聞など韓国メディアは、7月19日に韓国銀行(中央銀行)と米韓のシンクタンクが開いた会合に出席したニューヨーク連銀のリンダ・ゴールドバーグ副総裁の痛烈な指摘について相次いで報じた。

 同氏が、金融危機などで投資家のリスク回避志向が強まった際の資本流入について分析した「グローバルリスク反応指数」によると、59カ国のうち韓国は58位と、最下位のロシアに続くブービー。投資家の不安心理が高まれば、真っ先に資本が流出する国だということになる。

 26日にシンクタンクの韓国開発研究院が開いた会合では、英オックスフォード大のデイビッド・バインズ教授が「過度な資本の流動化が進めば、新興国の独立した金融政策は困難になる」として、処方箋の一つに「中央銀行間の通貨スワップ」を挙げている。

 週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏は「輸出が落ち込むなか、通貨安になると非常に危険な状況になる。来年には大統領選も行われるだけに、スワップ再開で経済を安定させたいところではないか」とみる。

 欧米のエコノミストも懸念を強めるなか、朴政権も日本に通貨スワップを頼むしかないのか。


朴クネ・スワップ.PNG



日本との「通貨交換(スワップ)協定」再開に焦り始めた韓国の朴槿恵政権。
8月下旬に開かれる日韓財務対話でも蒸し返されそう。
朴クネ政権は乞食外交をする気か。
IMFの介入のない、チェンマイ・イニシアティブでもない通貨スワップはお断りです。
竹島の返還、慰安婦問題の解決が先ですね。




参考

[乞食外交] 目的は通貨スワップ・平昌五輪援助? 韓国・朴酋長が初の訪日へ
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439876835.html

韓国で日本との通貨スワップ再開論 協定終了のいきさつを棚上げ?
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439777456.html

新任駐日韓国大使「韓日通貨スワップは相互利益。危機はいつ誰に訪れるか分からない」(保守速報より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439694947.html

【速報】新駐日韓国大使、日韓通貨スワップ再開に意欲(保守速報より転載)
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439663668.html
ラベル:日韓関係
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック