2016年08月01日

[都知事選] 鳥越氏、今後ジャーナリストとして小池都政監視する

[都知事選] 鳥越氏、今後ジャーナリストとして小池都政監視する

鳥越氏、今後ジャーナリストとして小池都政監視する
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00000193-nksports-pol
日刊スポーツ 7月31日(日)23時27分配信

鳥越俊太郎氏は小池百合子氏の当選確実の報に「まあ、お祝いの言葉を贈りたい」としながらも「脳裏から離れないのは(小池氏が)雑誌で語った『核武装の選択肢は十分ありえる』という発言。そんな人が都知事になっていいのかと正直思っている」と話した。

今後はジャーナリストとして都政をチェックするといい「(小池都政を)監視していきたい」と話した。

 鳥越氏が敗戦の弁の中で「野党共闘は今後も続けて」と衆院選での共闘を要請すると、共産党議員らからは拍手が上がったが、民進党議員は沈黙。ちぐはぐな一面も見られた。

 開票前、港区の鳥越事務所では、野党4党の国会議員や都議が集まり、テレビに見入った。午後8時、NHKの開票速報が流れると、民進党関係者から「なんじゃそりゃ」「きびしいね」との声が上がった。中には「これじゃ、宇都宮さんが出ても同じか、まだ良かったんじゃ」との声まで上がった。


鳥越・小池を監視する.PNG



鳥越俊太郎氏は小池百合子氏の当選確実の報に「まあ、お祝いの言葉を贈りたい」としながらも「脳裏から離れないのは(小池氏が)雑誌で語った『核武装の選択肢は十分ありえる』という発言。そんな人が都知事になっていいのかと正直思っている」と話した。
「もう誰も鳥越をジャーナリストだとは思っていない」「自分に都合のいいことは聞く耳を持っています!」「まず自分の問題を解決しろ」など、ネットの声。
ラベル:鳥越俊太郎
【関連する記事】
posted by hazuki at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 民進党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック