2016年07月02日

ヘイト条例施行の大阪市長「アカウント名公表も」 事前禁止は「憲法精神に反し例外」強調

ヘイト条例施行の大阪市長「アカウント名公表も」 事前禁止は「憲法精神に反し例外」強調
http://www.sankei.com/west/news/160701/wst1607010086-n1.html
2016.7.1 22:15

民族や人種に関するヘイトスピーチ(憎悪表現)の抑止条例を全面施行した大阪市の吉村洋文市長は1日、ヘイトスピーチと認定しても、実施団体や個人の実名特定が困難な場合は、拡散防止を優先し「インターネット上のアカウント名(登録名)での公表もあり得る」と述べた。市役所で記者団に語った。

 弁護士である吉村市長は市有施設使用の事前禁止を求める声に対し、最高裁判例をもとに「行政機関が表現行為を事前規制することは、表現の自由を定めた憲法の精神に反し、例外にあたる」との考えを改めて強調。「仮処分など司法の場で問うべきだ」と語った。

 一方で「行政がヘイトスピーチと認定すれば、被害を受けた人が裁判所を利用しやすくなる」とし、大阪府警には「警察権を適正に行使するよう要請したい」とも発言。「全体として被害救済が図られる仕組みだ」との認識を示した。

 市長が行うことになる認定の最終判断は「非常に難しい」として、「恣意(しい)的にならないよう、専門家でつくる審査会の意見を最大限尊重する」と述べた。


吉村洋文1.PNG



ヘイトスピーチの抑止条例を全面施行した大阪市の吉村洋文市長は1日、ヘイトスピーチと認定しても、実施団体や個人の実名特定が困難な場合は、拡散防止を優先し「インターネット上のアカウント名(登録名)での公表もあり得る」と述べた。
在日韓国人の犯罪に対して怒るのは当然の表現です。
言論弾圧もいいところ。
どうして、大阪市がネットの言論に口出し出来るのですか。



【国連勧告 ヘイトスピーチ法規制】「法規制には反対 木村太郎氏表明」国連の分担金を韓国並みに


【拡散希望】ヘイトスピーチ規制すると日本もこうなる!!




参考

在日コリアンら、初被害申し立て 大阪市、ヘイト条例1日全面施行
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/439597679.html

大阪市ヘイトスピーチ条例成立 全国初、実施団体を公表
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/432618517.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック