2016年06月19日

中国の領海侵入で自衛隊出動示唆 政府「必要な行動取る」と伝達

中国の領海侵入で自衛隊出動示唆 政府「必要な行動取る」と伝達
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016061801001647.html
2016年6月19日 02時00分

政府が、中国海軍のフリゲート艦による沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域航行について、中国側に抗議した際、領海に侵入した場合は「必要な行動を取る」と伝達していたことが分かった。海上警備行動の発令に基づく海上自衛隊出動を示唆したとみられる。複数の日本政府関係者が18日、明らかにした。9日午前2時ごろ、斎木昭隆外務事務次官(当時)が中国の程永華駐日大使を外務省に呼び出し、伝えた。斎木氏は岸田文雄外相と事前に協議している。

 海上警備行動は、海上保安庁では困難な事案に対処するため、防衛相が発令する。限定的ながら自衛隊法に基づき武器を使用できる。
(共同)


中国海軍のフリゲート艦.PNG



政府が、中国海軍のフリゲート艦による沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域航行について、中国側に抗議した際、領海に侵入した場合は「必要な行動を取る」と伝達していたことが分かった。
海上警備行動の発令に基づく海上自衛隊出動を示唆したとみられる。
ラベル:自民党
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック