2016年06月01日

広島訪問は猿芝居 オバマは“原爆投下”映像に拍手していた

広島訪問は猿芝居 オバマは“原爆投下”映像に拍手していた
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182490
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182490/2
2016年6月1日

共同通信の世論調査で、オバマ米大統領の広島訪問を「評価する」との回答が9割にも達したのには驚いた。わずか50分の滞在で、原爆投下の謝罪もなし。予想されていたとはいえ、およそ「歴史的」と呼べる内容じゃなかったからだ。

 もっとも、新聞・テレビが「現職の米大統領が被爆地を訪問したこと自体を評価すべき」「謝罪しなかったのは、原爆投下を容認する米国内の世論に配慮せざるを得なかったため」などと“迷解説”をつけ、オバマを礼賛する報道を続けているからムリもない。「核なき世界」を訴えた09年4月の「プラハ演説」もあり、日本国内では、オバマの“本音”は広島・長崎に原爆を投下した過去の米国の判断を非難している――との見方も広がっているが、果たして本当なのか。

「14年6月、第2次大戦で米英などの連合国軍が当時のナチス・ドイツを撃破する転機となった『ノルマンディー上陸作戦』を記念した70周年記念式典がフランスで行われました。欧州やロシアなど20カ国以上の首相が参加した盛大なイベントで、会場の大スクリーンには日本へ原爆を投下するモノクロ映像も流されました。この時、会場から大きな拍手が湧き起こったのですが、ドイツのメルケル首相は拍手せず、ロシアのプーチン大統領は胸の前で十字架を切って哀悼の意を表していました。ところが、ガムを噛みながら無表情で手を叩いていたのがオバマ大統領。とても原爆投下を悔いている態度とは思えませんでしたね」(在欧特派員記者)

ユーチューブでは今も「ノルマンディー上陸作戦70周年記念式典」の映像が残っていて、なるほど、ぶっきらぼうな態度のオバマがしっかりと映っている。とても広島訪問の際、被爆者と握手し、肩を抱いていた人物と同一とは思えない。

 広島県出身の政治評論家、板垣英憲氏はこう言う。

「オバマ大統領が原爆資料館を訪れた時間は10分。長時間滞在すればいいというわけではありませんが、被爆地の実相を理解できたとは考えにくい。さらに言うと、オバマ大統領が肩を抱いた列席者は、アマチュア歴史家として、被爆した米兵の遺族全員を探す活動をした方です。大統領の本心は分かりませんが、『米国のためにありがとう』という意味もあったのではないか。そもそも、オバマ大統領が広島・長崎の原爆投下を本気で悔いているのであれば、何が何でも保有する核兵器の削減を進めているだろうし、新型開発も承認していないと思います」

 オバマの“三文芝居”に騙されてはダメなのだ。


オバマ・広島1.PNG



オバマの本音は広島・長崎に原爆を投下した過去の米国の判断を非難しているとの見方も広がっているが、果たして本当なのか。
「ノルマンディー上陸作戦70周年記念式典」の映像で日本へ原爆を投下するモノクロ映像も流された。
ガムを噛みながら無表情で手を叩いていたのがオバマ大統領。
とても原爆投下を悔いている態度とは思えない。
広島訪問の際、被爆者と握手し、肩を抱いていた人物と同一とは思えない。




参考

オバマ大統領が所感 核なき世界への決意を表明
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/438374633.html

オバマ大統領、広島で「謝罪はしない」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/438196382.html

オバマ氏、27日に広島訪問決定 現職米大統領で初 安倍首相が同行 核廃絶演説検討
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437741060.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天皇陛下のなにおいてアメリカと戦争開戦
Posted by 天皇陛下 at 2016年06月03日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック