2016年05月30日

[ヘイトスピーチ解消法] 愛知知事「団体に県施設を使わせない」

[ヘイトスピーチ解消法] 愛知知事「団体に県施設を使わせない」

<ヘイトスピーチ>愛知知事「団体に県施設を使わせない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00000049-mai-pol
毎日新聞 5月30日(月)13時36分配信

特定の人種や民族に対して差別的言動を街頭などで繰り返すヘイトスピーチを行う団体について、愛知県の大村秀章知事は30日の定例記者会見で、「申請があれば許可しない」と述べ、県施設の使用を今後認めない方針を明らかにした。

 ヘイトスピーチを巡っては24日、国と地方自治体に差別解消の施策などを求める対策法が成立。ただ、憲法が保障する表現の自由に配慮し、禁止や罰則の規定はない。大村知事は「人権侵害で、表現の自由(で許される範囲)を超えており、踏み込んだ対応が必要だ」とし、県が管理する公園などの施設でヘイトスピーチをさせない考えを示した。

 名古屋市では29日、在日コリアンへの差別をあおるデモが中区の公園を出発点として行われた。同市は公園使用を許可しており、河村たかし市長は30日の定例記者会見で「何をしてもいいというわけではないが、表現の自由も大事だ」と述べるにとどめた。【山口朋辰、三上剛輝】


大村秀章・ヘイト.PNG



ヘイトスピーチを行う団体について、愛知県の大村秀章知事は30日の定例記者会見で、「申請があれば許可しない」と述べ、県施設の使用を今後認めない方針を明らかにした。
名古屋市の河村たかし市長とは見解が違いますね。
河村たかし市長の方が憲法で認められた表現の自由を理解している。
日本人狩り法ですが、訴えれば、憲法違反で在日が負けますよ。
抗議やデモを起こす前に、ヘイトスピーチを行う団体と特定出来ないでしょう。




参考

[ヘイトスピーチ解消法成立] 自民、政局優先で将来に禍根
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/438236655.html

[ヘイトスピーチ解消法成立] 拡大解釈を懸念する「外国人参政権ないのは差別」「強制連行否定も侮辱」… 八木秀次・麗澤大教授
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/438235575.html

[ヘイトスピーチ対策法] 成立 啓発・相談を拡充、罰則なし
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/438221788.html
ラベル:愛知県
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック