2016年05月07日

オバマ大統領、トランプ氏に「大統領職はリアリティ番組ではない」

オバマ大統領、トランプ氏に「大統領職はリアリティ番組ではない」
http://www.afpbb.com/articles/-/3086285
2016年05月07日 12:06 発信地:ワシントンD.C./米国

【5月7日 AFP】バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は6日、大統領選で共和党の指名獲得を確実にしたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏について言及し、同氏の選挙活動と経歴については綿密に精査されるべきだとし、大統領職は「リアリティ番組ではない」と述べた。

 トランプ氏は今週、他の立候補者たちが選挙戦からの撤退を表明したことで、事実上、共和党の指名獲得を確実にしている。これを受け、共和党内の論議は、11月の大統領選までにトランプ氏が同党支持者を同氏のもとで団結させられるかどうかという点に向いている。

 トランプ氏の立候補と、その結果として起きた共和党内の混乱状態について尋ねられた民主党のオバマ大統領は記者団に対し、「われわれは今、深刻な状況にあり、大統領職はごく重大な仕事だ」、「(大統領職は)エンターテインメントやリアリティー番組ではない」とし、さらに、「それが何を意味するかというと、全ての大統領候補者は厳密な基準と、真の綿密な精査の対象となる必要があるということだ」と述べた。

 イスラム教徒の米入国禁止や、不法移民の入国を防ぐためのメキシコ国境の壁建設、北大西洋条約機構(NATO)などの国際機関への資金の削減など、トランプ氏の容赦ない自由奔放な発言に対しては、共和党内からも含め批判や抗議の声が上がっている。

 オバマ大統領は、「(トランプ氏には)精査されるべき長い経歴がある。私たちが、彼の過去の発言の数々を真剣に受け止めることは重要なことだ」と述べた。(c)AFP/Andrew Beatty and Michael Mathes


バラク・オバマ3.PNG



オバマ大統領は6日、大統領選で共和党の指名獲得を確実にしたドナルド・トランプ氏について言及し、同氏の選挙活動と経歴については綿密に精査されるべきだとし、大統領職は「リアリティ番組ではない」と述べた。



参考

クルーズ撤退、ヒラリー敗北の衝撃
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437524661.html
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック