2016年05月05日

自民・大西氏の“巫女発言”は作り話だった…ウソ隠し謝罪させた?

自民・大西氏の“巫女発言”は作り話だった…ウソ隠し謝罪させた?
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/05/05/kiji/K20160505012528300.html

自民党の大西英男衆院議員が3月、所属する派閥の総会で「自民党はあまり好きじゃないと言うとは、巫女(みこ)のくせに何だ」などと発言し謝罪に追い込まれた件で、この発言内容がウソだったことが4日、分かった。

 実際にはウケを狙った大西氏の「作り話」だったという。党幹部は「何でそんな話をするんだ。発言がウソだということが出てしまう方がもっとまずい」として、ウソであることを隠し、大西氏に謝罪させたとみられる。

 大西氏は3月24日、党本部で開かれた報道陣を入れての細田派の総会で、翌月に控えた衆院北海道5区補選の応援で札幌入りし神社を回った話を紹介。自民党公認候補の支援を巫女に依頼すると、「自民党は好きじゃない」と言われたことを明かし「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」などと際どい発言をした。さらに「私の世話を焼いた巫女さんが20歳くらいだった。投票が初めてだということだから、ひとつ口説いてやろうと思った」と語ると、出席者たちからは大きな笑いが起きた。

 「巫女さんのくせに」は、女性蔑視や職業蔑視と取られかねない発言だとして、党幹部が猛反発。大西氏は厳重注意を受けた上に、翌25日には自身のブログ「ヒデちゃんの携帯日記」に「私の発言でお騒がせし、申し訳ございません。軽率な発言であったことを謝罪するとともに、関係者の皆さまにおわび申し上げます」との謝罪コメントを掲載する事態に追い込まれた。

 今回の事態に、永田町関係者は「大西氏は過去に舌禍で何度も処分されたことがある。素早い火消しのため“前科者”はとりあえず謝らせておけという方向になったのではないか」とあきれ顔だ。

[ 2016年5月5日 05:30 ]


大西ひでお.PNG
大西ひでお・巫女のくせに.PNG



大西英男議員が3月、「巫女のくせに」などと発言し謝罪に追い込まれた件。
発言の内容は事実ではなく、ウケを狙った「作り話」だったとのこと。
自民党幹部はウソであることを隠し、大西氏に謝罪させたよう。
「巫女のくせに何だと思った」はウケ狙いだったのか。
大西英男ならば、言い兼ねないと思っていたわ。




参考

「巫女のくせに何だ」自民・大西英男氏がまた失言 「誘って札幌の夜に説得をしようと…」とも 
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/435584260.html
ラベル:大西英男
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック