2016年05月05日

たばこ1箱3200円に=豪が増税、愛煙家は悲鳴

たばこ1箱3200円に=豪が増税、愛煙家は悲鳴

たばこ1箱3200円に=豪が増税、愛煙家は悲鳴
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016050400260&g=soc

【シドニー時事】オーストラリア政府は3日発表した新年度予算案に、2017年から4年間、毎年12.5%ずつ税率を上げる大幅なたばこ増税を盛り込んだ。25本入りの1箱が25豪ドル(約2000円)と、今でも世界屈指の高さだが、20年には40豪ドル(約3200円)になる。愛煙家からは悲鳴が上がっている。

〔写真特集〕スモーカーはつらいよ〜世界たばこ事情〜

 ターンブル首相は「税収増だけでなく、国民を喫煙から遠ざけるのも狙いだ」と説明した。
 1995年には1箱5豪ドルで、喫煙率は25%。その後の度重なる増税に加え、2012年には健康被害を警告する写真を箱に大きく表示させる規制を世界に先駆けて導入した効果もあり、現在では喫煙率は13%前後まで低下した。 
 豪メディアによると、国民は総じて今回の増税に好意的だが、一部では「喫煙者いじめ」との声も。たばこ会社は「(政府は)増税反対との過去の方針に矛盾しており、怒りを覚える」と反発した。(2016/05/04-16:10)


モリソン財務相.PNG



オーストラリア政府は3日発表した新年度予算案に、2017年から4年間、毎年12.5%ずつ税率を上げる大幅なたばこ増税を盛り込んだ。
25本入りの1箱が25豪ドル(約2000円)と、今でも世界屈指の高さだが、2020年には40豪ドル(約3200円)になる。
日本人で良かった。
いくら何でもこれは酷過ぎます。
「タバコは日本でも年間11万人を殺している、原発よりはるかに危険な毒物。その社会的費用を入れれば、これぐらいの価格が妥当。」という意見もあります。




【関連する記事】
posted by hazuki at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック