2016年05月05日

尖閣、竹島は日本領…政府、資料を英語で公開

尖閣、竹島は日本領…政府、資料を英語で公開
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160503-OYT1T50074.html?from=ytop_ylist
2016年05月04日 10時26分

政府は、沖縄県の尖閣諸島と、島根県の竹島が「日本固有の領土」であると裏付ける資料を英語に翻訳し、公開を始めた。

 海外の有識者らが、論文などで引用することを想定している。

 内閣官房のホームページに特設サイトを開設した。沖縄県が1902年に尖閣諸島を測量した「土地整理図」や、島根県が1905年に竹島の名称や所属を知らせた告示文書など約200点が掲載されている。中国は尖閣諸島の、韓国は竹島の領有権をそれぞれ主張しているが、これらの資料は、中韓両国の主張前から日本が統治していたことを示しているという。

 政府は資料を沖縄や島根の公文書館などで探し、昨年8月に公開した。日本語だけでは海外への発信力に欠けることから、英語サイトも設けることにした。日本の主張を補強する公文書、日記、古地図など新資料約750点も見つかっており、政府は日英両言語で順次公開していく方針だ。




政府は、沖縄県の尖閣諸島と、島根県の竹島が「日本固有の領土」であると裏付ける資料を英語に翻訳し、公開を始めた。
海外の有識者らが、論文などで引用することを想定している。
やっとです。
効果を期待しましょう。



尖閣諸島について


竹島について
ラベル:竹島 尖閣諸島
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック