2016年05月03日

[憲法記念日・与野党談話] 日本のこころを大切にする党・中野正志幹事長「日本国民の手で制定されるべきだ。自主憲法の制定に邁進する」

[憲法記念日・与野党談話] 日本のこころを大切にする党・中野正志幹事長「日本国民の手で制定されるべきだ。自主憲法の制定に邁進する」

【憲法記念日・与野党談話】
日本のこころを大切にする党・中野正志幹事長「日本国民の手で制定されるべきだ。自主憲法の制定に邁進する」
http://www.sankei.com/politics/news/160503/plt1605030064-n1.html
2016.5.3 00:25

日本のこころを大切にする党は、結党以来、国民の手による新しい憲法、自主憲法の制定を党是として、掲げてまいりました。

 憲法は国の最高法規ですが、時代の要請や国際情勢の変化に応じて修正することも必要です。そして何より、GHQ(連合国軍総司令部)占領下で作られた憲法をいつまでも押し頂くのではなく、日本固有の歴史や思想、文化を踏まえ、日本国民の手によって制定されるべきだと考えます。

 日本のこころを大切にする党では、自主憲法起草委員会において議論を深めており、参議院選挙前を目指して自主憲法草案を策定する予定です。日本のこころを大切にする党は国民の皆様とともに、今後とも自主憲法の制定に邁進してまいります。




「GHQ(連合国軍総司令部)占領下で作られた憲法をいつまでも押し頂くのではなく、日本固有の歴史や思想、文化を踏まえ、日本国民の手によって制定されるべきだと考えます。」



関連

[憲法記念日・与野党談話] 自民党「憲法は国民自らの手で、今の日本にふさわしいものに。改正推進のため全力で取り組む」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/437472952.html


ラベル:中野正志
【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック