2016年04月20日

永住権取得までの在留期間、首相「世界最短に」 新たな成長戦略に

永住権取得までの在留期間、首相「世界最短に」 新たな成長戦略に
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL19HP8_Z10C16A4000000/
2016/4/19 18:54

安倍晋三首相は19日夕の産業競争力会議で、新たな成長戦略について「(人工知能やロボットなど)第4次産業革命を担う優秀な人材を海外から呼び込みたい」と述べた。その上で「永住権取得までの在留期間を世界最短とする」と表明した。IT(情報技術)分野などで優れた外国人を日本に招き、国際競争力の強化を目指す。

 「日本の若者には第4次産業革命の時代を生き抜き、主導してほしい」とも語り、初等中等教育からプログラミング教育を必修化する方針を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕


産業競争力会議.PNG



「永住権取得までの在留期間を世界最短とする」
IT(情報技術)分野などで優れた外国人を日本に招き、国際競争力の強化を目指す。
産経新聞によると、「日本版『高度外国人材グリーンカード』を導入する」と述べた。」とのことです。
安倍首相は、どんだけ外国人が好きなのか。
日本人の雇用より、高度外国人材です。



IT人材の育成を盛り込む 政府、成長戦略概要を公表 首相「永住権取得を世界最短に」
http://www.sankei.com/politics/news/160419/plt1604190045-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/160419/plt1604190045-n2.html
2016.4.19 18:40
ラベル:安倍晋三
posted by hazuki at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック