2016年03月20日

国立「MANGAミュージアム」2020年にも開設

国立「MANGAミュージアム」2020年にも開設

国立「MANGAミュージアム」20年にも開設
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160319-OYT1T50048.html?from=ytop_ylist
2016年03月19日 15時57分

政府のクールジャパン戦略の一つである「MANGAナショナル・センター」構想が具体化してきた。

 国際的に人気が高い日本のマンガ・アニメの原画などを収集、展示するミュージアムを、東京五輪開催前の2020年春にも開設し、国内外の観光客誘致につなげることが核だ。民間資金も活用して、公費負担を最小限に抑えながら約100億円とされる整備費を賄う方針だ。

政府と一体で構想を推進する自民、民主など超党派の「MANGA・アニメ・ゲームに関する議員連盟」(会長=古屋圭司元防災相)がセンターの基本計画案を策定した。政界有数の「マンガ好き」として知られる麻生副総理もメンバーだ。

 中核施設のミュージアムは、国立国会図書館の支部と位置づける。マンガ、アニメを文化として明確にする狙いという。ミュージアムでは、原画だけでなく日本のゲームを含めた貴重な関連資料類を集め、展示する。アニメクリエイターらを育成する場も設ける予定だ。




政府のクールジャパン戦略の一つである「MANGAナショナル・センター」構想が具体化して来た。
国際的に人気が高い日本のマンガ・アニメの原画などを収集、展示するミュージアムを、東京五輪開催前の2020年春にも開設し、国内外の観光客誘致に繋げることが核。
日本を元気にする会の山田太郎議員が、「このミュージアム推進の議連の役員(事務局長代行)をしています。様々な方々の力を合わせて、なんとかここまでこぎつける事が出来ました。」とのことです。






参議院議員山田太郎(全国比例) ✔ ‎@yamadataro43
私は、このミュージアム推進の議連の役員(事務局長代行)をしています。様々な方々の力を合わせて、なんとかここまでこぎつける事が出来ました。
今回のミュージアムは、国立国会図書館の支部機能として位置づ...http://npx.me/bkMQ/QsKm #NewsPicks
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック