2016年03月17日

[石破氏法案読み違え] 相次ぐ閣僚失態 与党引き締め躍起 猛反発の野党は辞任要求

[石破氏法案読み違え] 相次ぐ閣僚失態 与党引き締め躍起 猛反発の野党は辞任要求



【石破氏法案読み違え】
相次ぐ閣僚失態 与党引き締め躍起 猛反発の野党は辞任要求
http://www.sankei.com/politics/news/160316/plt1603160037-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/160316/plt1603160037-n2.html
2016.3.16 21:23

自民党は16日、閣僚の失態が相次いでいることを受け、党内の引き締めを図った。誤った法案文書を読み上げた石破茂地方創生担当相は陳謝したが、野党は辞任要求するなど猛反発。衆院北海道5区補欠選挙(4月24日投開票)や夏の参院選にも影響しかねないとの危機感も広がる。

 石破氏は15日の衆院地方創生特別委員会で、地域再生法改正案の趣旨説明を行った際、昨年に同法を改正したときの説明文書を間違えて読み上げた。

 石破氏は16日の特別委で「大変ご迷惑を掛け、深くおわび申し上げる」と陳謝したが、民主党の枝野幸男幹事長は同日の記者会見で「これではロボットでも務まる」と批判。安住淳国対委員長代理も「数の力にあぐらをかいて議会や国民をバカにした態度だ。辞任に値する」と語気を強めた。

 国会審議をめぐっては、林幹雄経済産業相も15日の参院予算委員会で、原子力発電所の使用済み核燃料の貯蔵場所確保などについて十分な答弁ができず、審議が再三中断。民主党議員から「勉強不足の自覚はあるか」と問われ、「ございます」と答えている。

こうした事態を受け、公明党の山口那津男代表は16日の党会合で「緩んでいる印象を国民に持たれれば不安をかき立ててしまう」と指摘。同党の井上義久幹事長は、自民党の谷垣禎一幹事長と会談し、「緊張感を持ってしっかりやらなければならない」と注意した。谷垣氏は「あってはならないミス」と謝罪した。

 与党は、気の緩みが衆院北海道5区補選などに悪影響を与えかねないと警戒。自民党の伊達忠一参院幹事長は16日の党会合で「閣僚にはいつも『緊張感を持て』と言っているが、いろんなことがあるようだ」といらだちを隠せなかった。


石破茂・国会.PNG



自民党は16日、閣僚の失態が相次いでいることを受け、党内の引き締めを図った。
誤った法案文書を読み上げた石破地方創生担当相は陳謝したが、野党は辞任要求するなど猛反発。
石破さんの移民推進は頂けませんが、誤った法案を読み上げた問題で、辞任要求は行き過ぎです。
民主党政権ならば、問題ばかりで、閣僚がいなくなりますよ。



石破氏、衆院特別委で趣旨説明を読み間違える 菅官房長官「誠に遺憾」
http://www.sankei.com/politics/news/160315/plt1603150050-n1.html
2016.3.15 19:27
ラベル:石破茂
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック