2016年03月15日

廃棄カツを不正転売 「ダイコー」が負債9億円で事実上の倒産

廃棄カツを不正転売 「ダイコー」が負債9億円で事実上の倒産

廃棄カツ不正転売のダイコーが倒産…負債9億円
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160314-OYT1T50188.html?from=ycont_top_txt
2016年03月14日 22時54分

民間信用調査会社の東京商工リサーチは14日、廃棄された冷凍カツを不正に転売していた産業廃棄物処理会社「ダイコー」(愛知県稲沢市)が事実上倒産したと発表した。

 2月末頃までに2回目となる手形の不渡りを出し、銀行との取引ができなくなったことが分かったという。負債総額は約9億円とみられる。




東京商工リサーチは14日、ダイコーが事実上倒産したと発表した。
銀行との取引が出来なくなったと分かり、負債総額は約9億円とみられる。
ダイコーは廃棄された冷凍カツを不正に転売していた産業廃棄物処理会社。



[愛知] 産業廃棄物運搬・処理ダイコー(株)
〜ビーフカツの不正転売で全国的な注目を集める〜
http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20160314_01.html
公開日付:2016.03.14

ダイコー(株)(TSR企業コード:492042772、法人番号:2180001085962、稲沢市奥田井之下町28−1、設立昭和53年5月、資本金1000万円、大西一幸社長)は再度の資金ショートを起こし3月3日、行き詰まりを表面化した。
 負債総額は約9億円。

 産業廃棄物の運搬と中間処理を手掛け、食品製造会社を中心に受注基盤を築いていた。平成24年9月に関連会社の事業基盤を引き継いだことで業容を拡張し、27年8月期の売上高は約5億円をあげていた。しかし、カレーハウスCoCo壱番屋を運営する(株)壱番屋(TSR企業コード:490040985、法人番号:4180001082132、一宮市)が廃棄したビーフカツ約4万枚を当社が不正転売して複数の卸業者を経て小売店や弁当店で販売されていたことが28年初めに発覚。全国的に報道された後も、連日のように新たな横流しが判明したため対外信用は失墜、経営難に拍車がかかり資金繰りはひっ迫。1月および2月の決済が不調となり、今回の事態となった。


ラベル:ダイコー
【関連する記事】
posted by hazuki at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック