2016年03月14日

「おかまに支援いらぬ」 新潟・三条市議が発言

「おかまに支援いらぬ」 新潟・三条市議が発言
http://this.kiji.is/81956402943362553?c=39546741839462401
2016/3/14 12:45

新潟県三条市の市議が、市が番組制作を委託する地元FMラジオ局のパーソナリティーをめぐり「おかまと聞いている。社会常識からして、正常な形でない人を支援する必要はないのではないか」などと市議会で発言していたことが14日、分かった。市民から抗議があり、市議は発言の撤回を申し入れ、認められた。

 発言したのは西川重則氏(66)=自民クラブ=。10日の市民福祉常任委員会で、市が2016年度の一般会計予算案に計上した地元FM局への番組制作委託料286万円について審議中、番組担当のパーソナリティーについて述べた。




新潟県三条市の市議が、市が番組制作を委託する地元FMラジオ局のパーソナリティーを巡り「おかまと聞いている。社会常識からして、正常な形でない人を支援する必要はないのではないか」などと市議会で発言していたことが14日、分かった。
オカマじゃなければ、アル中でも良いのか。
私もホモセクシャルな人はあまり好きではありませんが、職業にまで言及するのは言い過ぎだと思います。
新潟県三条市議会議員・西川重則氏は差別主義者です。
覚えておきましょう。
ラベル:新潟県
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック