2016年03月05日

[自民党] 山東昭子氏 「戦争か平和か、あおる」首相改憲発言に苦言

[自民党] 山東昭子氏 「戦争か平和か、あおる」首相改憲発言に苦言

山東昭子氏 「戦争か平和か、あおる」首相改憲発言に苦言
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160305/k00/00m/010/030000c
毎日新聞2016年3月4日 18時29分(最終更新 3月4日 18時29分)

自民党の山東昭子党紀委員長は4日の党役員連絡会で、安倍晋三首相が憲法改正に前向きな発言を繰り返していることについて「参院選を前にして不適切だ。反安倍派を喜ばせ『戦争か平和か』とあおられる要素になる」と苦言を呈した。憲法改正を夏の参院選の争点にすることに難色を示す党内の一部の声を代弁したものとみられる。

 これに対し谷垣禎一幹事長は「首相もいろんなことを考えながらボールを投げている。民主党の岡田克也代表の出方を見ているのかもしれない」と述べ、憲法改正に関する態度が定まらない民主党をけん制する狙いがあるとの認識を示した。


山東昭子.PNG



自民党の山東昭子党紀委員長は4日の党役員連絡会で、安倍首相が憲法改正に前向きな発言を繰り返していることについて「参院選を前にして不適切だ。反安倍派を喜ばせ『戦争か平和か』とあおられる要素になる」と苦言を呈した。
思い起こせば、第一次安倍政権の時も参院選を憲法改正を前面に出して戦って惨敗したのでしたね。
あの時、国民は憲法より消えた年金の方に関心を寄せていました。
山東昭子は馬鹿じゃない。
馬鹿なのは、安倍首相です。
ラベル:山東昭子
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック