2016年03月02日

民主除籍の鈴木貴子衆院議員、「約束反故にしたのは民主党」と反発

民主除籍の鈴木貴子衆院議員、「約束反故にしたのは民主党」と反発



民主除籍の鈴木貴子衆院議員、「約束反故にしたのは民主党」と反発
http://www.sankei.com/politics/news/160301/plt1603010059-n1.html
2016.3.2 05:40

鈴木貴子衆院議員(比例代表北海道ブロック)は1日、比例代表で復活当選しながら離党届を提出したことを受け、民主党が除籍処分としたことについて「約束を反故(ほご)にしたのは民主党執行部だ」と反発した。国会内で記者団に語った。

 鈴木氏は、父の宗男元衆院議員が代表を務める政治団体「新党大地」と民主党が連携した平成26年の衆院選について、「非常に厳しい逆風の中でも(民主党が)躍進を遂げられたのは、新党大地との協力関係の成功があったからだ」と指摘。「新党大地の過去の実績を鑑みた上で、(同氏が民主党の)比例単独1位を付与された」と主張した。

 その上で、民主党の今回の対応について「政治家で一番大事な心というものも見えてこない、情けのない政治だ」と批判。今後の政治活動については「心のある、信念のぶれない政治姿勢を貫きたい」と強調した。

 また、1日の衆院本会議で平成28年度予算案に賛成したことには「地元の発展のために汗していくというのが私の思いだ。地元の諸課題、地域の不安の払拭のために全力で汗をかいていきたい」と説明した。


鈴木貴子・除籍.PNG



鈴木貴子衆院議員(比例代表北海道ブロック)は1日、比例代表で復活当選しながら離党届を提出したことを受け、民主党が除籍処分としたことについて「約束を反故にしたのは民主党執行部だ」と反発した。
鈴木氏は、「新党大地」と民主党が連携した平成26年の衆院選について、「非常に厳しい逆風の中でも(民主党が)躍進を遂げられたのは、新党大地との協力関係の成功があったからだ」と指摘。
父の宗男と同じことを言っていますね。




参考

民主、離党届の鈴木貴子議員を除籍へ 役員会で決定
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/434451100.html

民主党、鈴木貴子氏の除名検討 議員辞職勧告も
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/434313600.html


ラベル:鈴木貴子
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック