2016年02月26日

生物兵器?ジカ熱ウイルス 小頭症と殺虫剤の不都合な関係(転載記事)

生物兵器?ジカ熱ウイルス 小頭症と殺虫剤の不都合な関係(転載記事)

生物兵器?ジカ熱ウイルス 小頭症と殺虫剤の不都合な関係 インターネット閉鎖?戒厳令 強制収容所 金融崩壊経済危機より転載
http://blog.livedoor.jp/touzaido/archives/2065074.html
2016年02月21日



アルシオン・プレヤデス35:ジカ熱、インターネット閉鎖、戒厳令、テロリスト、ジェダイ教、悪魔崇拝


https://www.youtube.com/watch?v=ljAUcJstWyY

緊急に必要な目覚め 地球の危機 地球人への警告!

アルシオン・プレヤデス35:
2016/02/19 に公開

緊急に私達の目を開く必要性について続けるが、ここでのべるのは、

ひどい偽りの形で何十万人もの難民達に起こってきたことであり、

難民達には明らかな信頼と支援をもって、保護あるいは亡命を要請する国際的な権利が与えられた。

だが予期せぬ変化があり、それが世界中にさらなる憎しみと人種差別を生む原因となっている。

アメリカや世界に到着した何百万人もの亡命者達に行なわれたよう

に、彼らを支援し、仕事を与えるのではなく。

彼らの中に潜入者達がいて、強烈なテロを実行する目的を持っており、

そうして民衆の反応を生もうとしており、

いつもながら罪のない者達が被害を受けるのか?

あるいはそれが、執拗なNWOを作り、そうして彼ら曰く地球に新たな

規範を確立する計画の一端なのか?

、もしくは、単に国境を閉鎖するために用いる形なのか?

現在は世界的な変化の決定的な瞬間であり、その変化は、

全般的な戒厳令という目的に向かっている。

このことは、現在軍国化している様々な国で見ることができる。

私達はひどい戦争や死、危機、飢えに陥っていた

おぞましい歴史的事実を、今一度体験しているのだ。

それを同じようにくり返しているのであり、

その一方で、民衆は完全に見捨てられており、

その間にも毎日さらに何百万人もが飢えや病気、

流行病などによって亡くなっている。

では、急速に拡大しているジカ熱の感染については、何が言えるだろうか?

彼らはその世界的な行動予定NWO新世界秩序にあまり賛同していない大陸に、

汎流行病をもたらそうとしているのか?

もっぱらよりひどい恐怖を生み、

またワクチン − マイクロチップ ナノチップ

を投与する目的で。

ビデオ制作 アルシオン


ジカ熱ウイルスはロックフェラー財団とビルゲイツ財団
が用いる生物兵器か?

https://www.youtube.com/watch?v=2ScC-TrBNP0


EL VIRUS ZIKA, ROCKEFELLER, BILL GATES, MOSQUITOS TRANSGÉNICOS


https://www.youtube.com/watch?v=LDsUyBUeBFw

Rockefellers Own Zika Virus, Bill Gates Behind Outbreak


「イルミナティのNWO新世界秩序にブラジル政府が従わなかった為に

 遺伝子操作された蚊がジカ熱ウイルスを注入されブラジル
 
 でばら撒かれたのか?」


(省略・続きは転載元をご覧下さい。)

(28:47)アルゼンチンとブラジルの医師が蚊の殺虫剤が小頭症の原因である可能性を示唆する。
(以下参考ブログ転載)

Doctors Name Monsanto’s Larvicide As Cause of Brazilian Microcephaly Outbreak
http://www.march-against-monsanto.com/doctors-name-monsantos-larvicide-as-cause-of-brazilian-microcephaly-outbreak/ #MAM @MarchAgainstMさんから

ブラジルの健康の専門家は、ピリプロキシフェンが主要な容疑者であることに同意します


http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12131096532.html

「モンサントの殺虫剤が小頭症の原因の可能性」 アルゼンチンとブラジルの医師ら
Argentine and Brazilian Doctors Name A Monsanto Larvicide As Potential Cause Of Microcephaly

2月15日【David Wolfe】http://www.davidwolfe.com/monsanto-larvicide-potential-cause-microcephaly/?c=pwf&vp=mam より翻訳


ヤブカによって感染するジカウィルスは、アフリカや東南アジア、太平洋諸島、そしてブラジルに影響を与えてきました。

米国疾病対策センター(CDC)の報告によれば、ジカウィルスはアメリカ国内に土着の蚊とは関連付けられてはいないものの、旅行に関係した発症例が国内でも発見されているとしています。

世界保健機構(WHO)の報告ではジカウィルスの症状は軽いとしていますが、CDCはまた、ジカウィルスと新生児の小頭症に関連性がある可能性があると伝えています。


小頭症とは出生後、頭部が異常に成長し、同時に脳の成長が異常になる可能性もある症状のことです。



WHO: Microcephaly and Zika virus infection - Questions and answers (Q&A)


しかしジカウィルスが小頭症と関連性があると考える専門家が一部存在している一方で、

「農薬散布された町の医師会(Physicians in the Crop-Sprayed Towns)」

として知られているアルゼンチン内科医会は最近、

CDCの見解に異議を申し立てる内容の報告を公開しました。

この内科医会は小頭症の発症例の増加に対し、

その他の可能性のある広範囲な理由をリスト形式で提示したのです。

そのリストの中には、最も影響を受けた地域と、飲料水に含まれる

化学的幼虫駆除剤の使用の間の相関関係が含まれています。

ピリプロキシフェンという化学物質は、感染症を媒介する蚊を殺す取り組みの一貫として

国によって義務付けられているものの、アルゼンチンの内科医会

はこの国の取り組みに関し、

「蚊を供給している企業を除いては、完全な失敗」と表現しています。

では、どの企業のことを指しているのでしょうか?

そう私たちの古きよき友人であるモンサント社の、

日本にある子会社、S友化学株式会社です。

この重要な報告書には次のように記されています。


ブラジルの州で飲料水にピリプロキシフェンを添加している地域に居住している妊婦から生まれた

数千人の子供に先天性異常が見られるのは偶然ではありません。

ブラジル厚生省はこの被害についてジカウィルスを直接的に批判していますが、何年もの間、直接的に蓄積された化学物質による被害として影響を受けた地域で内分泌腺および免疫の阻害が原因であるという仮説を除外し、自らの責任を無視しようと試みているのです。

伝染病学者、公衆衛生の専門家、化学者、一般的な政治家、あるいはPAHO(全米保健機構)やOMSといった政策立案者であったとしてもその多くの者は、私たち人間の一人ひとりが胎児発育期の過程で非常に異なったステージを通過する、ということを容易に忘れてしまいます。

受精卵から胚(訳注:受精卵の分裂から8週までの間)、そして胚から胎児(訳注:9週目以降)、胎児から新生児までという進化は、ピリプロキシフェンから影響を受けた蚊の発達過程と大きな差はありません。

ブラジル国内で小頭症の症例のうち、ジカウィルス検査が陽性だと報告されているのは

わずか4.2%にすぎず、同医師会の発見は統計からも裏付けされているようです。

ブラジルの健康の専門家も先天性異常の原因は

ピリプロキシフェンが原因である可能性が高いと同意

ブラジルの医師および健康に関する市民研究家から構成される組織Abrascoもまた、広範囲におよぶ出生異常の原因として相当の可能性があると同意しています。

同機関の報告書ではピリプロキシフェンが小頭症の原因である可能性が高いとし、

ジカウィルスを媒介する蚊の撲滅には役に立たない上に環境を汚染しているとこの化学物質の使用を糾弾しています。

この報告書はアルゼンチンの内科医会と同様に、かかる物質の使用は「貧困層に毒を与えている」とし、

世界保健機構や全米保健機構と言ったを含む利害関係者の利益しか考えていないと主張しています。

同報告書はまた、感染症の大流行によって最も影響を受けるのは、常に衛星的な環境や安全な飲み水にアクセスできない最も貧しい人たちであると論じています。

不平等さは欲深い企業によって資本化され、そのような企業が貧困な地域に対し、支援を提供するという建前の元で化学物質まみれにされているのです。


より望ましい他の選択肢

アルゼンチンの内科医会は、影響を受けるコミュニティ特有のニーズをほとんど考慮しないような、企業が後援する取り組みではなく、その代わりにコミュニティを基盤にした取り組みがより適切であると考えています。

BBCが報道したとおり、こういった取り組みを選ぶのが賢明でしょう。


How mums-to-be in Brazil are tackling Zika - BBC News


この立場を採択した場合の影響は、企業中心の取り組みのようにはるかに有害なものとは対照的なものですが、より魅力的なものだといえるのではないでしょうか。
(翻訳終了)




「川崎の高校生、ジカ熱感染 中南米流行以降、国内初」と共同通信で報道されていますが、急速に拡大しているジカ熱の感染について、「イルミナティのNWO新世界秩序にブラジル政府が従わなかった為に遺伝子操作された蚊がジカ熱ウイルスを注入されブラジルでばら撒かれたのか?」「モンサントの殺虫剤が小頭症の原因の可能性」
英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK.L)と武田薬品がジカ熱について研究を進めていて、ワクチン開発を検討していますが、グラクソ・スミスクライン(GSK.L)は金融ユダヤのロスチャイルド系です。
ジカ・ウイルスを感染させているのは遺伝子組み換え蚊ということがネットで拡散されつつあります。
「日本や世界や宇宙の動向」さんのブログによると、「遺伝子組み換え蚊を作り出したのはOxitec社です。」とのことです。



川崎の高校生、ジカ熱感染 中南米流行以降、国内初
http://this.kiji.is/75542517264433156?c=39546741839462401
2016/2/25 23:03

厚生労働省と川崎市は25日、ブラジルに滞在し帰国した川崎市の男子高校生が「ジカ熱」に感染していることが確認されたと発表した。中南米での流行拡大以降、国内で感染者が確認されたのは初めて。過去には2013〜14年、海外で感染し帰国後に発症した日本人が3人いる。

 国立感染症研究所(東京)と地方衛生研究所の遺伝子検査で、ブラジルで流行しているウイルスの感染が判明した。高校生は熱が下がり、現在は自宅で療養中。厚労省は記者会見で「(冬場の今は)蚊のシーズンではないので国内での感染拡大の恐れはない」と説明した。



ジカ・ウイルスを感染させているのは遺伝子組み換え蚊!(日本や世界や宇宙の動向)
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51978930.html
ラベル:ジカ熱
【関連する記事】
posted by hazuki at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック