2016年02月16日

[中国]「だって属国だったもん」中国の時代劇、韓流ドラマからの「パクリ疑惑」に納得の説明

[中国]「だって属国だったもん」中国の時代劇、韓流ドラマからの「パクリ疑惑」に納得の説明

「だって属国だったもん」中国の時代劇、韓流ドラマからの「パクリ疑惑」に納得の説明―中国
http://www.recordchina.co.jp/a129076.html
配信日時:2016年2月16日(火) 10時40分

2016年2月15日、中国の時代劇ドラマ「女医明妃伝」を見た人から、「韓国ドラマから衣装をパクったのでは?」と疑う声が上がっているが、歴史好きのネットユーザーたちが、「かつて中国の属国だったからだ」とその理由を指摘している。新浪が伝えた。

【そのほかの写真】

今月13日に放送スタートした時代劇ドラマ「女医明妃伝」について、ネット上で衣装のパクリ疑惑が持ち上がった。ブルーの官服や、皇帝が着ている淡紅色の着物などが、「チャングムの誓い」をはじめとする韓国時代劇ドラマの衣装に「そっくりだ」と、一部のネットユーザーが声を上げたものだ。

この疑惑に対し、歴史好きのネットユーザーたちは、「当時は中国の属国だったからだ」と指摘している。「李氏朝鮮は明の冊封体制の下にあり、衣冠制度は明の皇帝が与えたものだった」と説明。既視感があり、似ていると感じるのは「当然のことだ」としている。

歴史に詳しいネットユーザーたちは、「女医明妃伝」の衣装について、「今までに見た時代劇の中で、最も真実に近い」と絶賛している。ドラマで衣装考証や美術を担当するスタッフによると、小道具や衣装については、史料や当時の書画を見直し、徹底的にリアルさを追求したという。視聴者は今までの時代劇と比較して違和感を持つかもしれないが、「こちらがより真実に近い」と語っている。

さらに番組スタッフは「衣装パクリ」疑惑についても、「属国」と説明したネットユーザーたちと同様の見解を示している。「韓国ドラマで見られるのは、明の皇帝が与えたものを、李氏朝鮮で独自にアレンジした衣装だ。さかのぼって考えれば、真似をしたのは韓国側だと言える」と、説明している。(翻訳・編集/Mathilda)


妄想と現実.PNG
乳出しチマチョゴリ.PNG
韓流追放.PNG



15日、中国の時代劇ドラマ「女医明妃伝」を見た人から、「韓国ドラマから衣装をパクったのでは?」と疑う声が上がっているが、歴史好きのネットユーザーたちが、「かつて中国の属国だったからだ」とその理由を指摘している。
ブルーの官服や、皇帝が着ている淡紅色の着物などが、「チャングムの誓い」をはじめとする韓国時代劇ドラマの衣装に「そっくりだ」と、一部のネットユーザーが声を上げたとは、韓国が中国の属国だったことを知らない人がいるのですね。
中国ドラマが韓流ドラマをパクったのではなく、中国の属国だったから当然です。



【朝鮮半島の統治国の歴史】 万年属国から独立まで

紀元前108年〜220年:漢(植民地)
221年〜245年:魏(植民地)
108年〜313年:晋(植民地)
314年〜676年:晋宋梁陳隋唐(属国)
690年〜900年:渤海(属国)
1126年〜1234年:金(属国)
1259年〜1356年:モンゴル(属国)
1392年〜1637年:明(属国)
1637年〜1897年:清(属国)
1897年:下関条約により清の属国から開放される
(重要)
1903年:ロシア朝鮮半島を南下。日本の尽力によりロシアの属国化を回避
1905年〜1945年:日本(保護国、併合)
1945年〜1948年:アメリカ(非独立)
(重要)
1948年:大韓民国成立(アメリカ軍による朝鮮統治によって国家基盤が形成され成立)
1948年:軍事独裁政権誕生
1948年:済州島4.3事件 3万人虐殺
1950年:朝鮮戦争 400万人殺し合い
1950年:保導連盟事件 30万人虐殺
1951年:国民防衛軍事件 10万人虐殺
1951年:居昌事件 8500人虐殺
1979年:軍出身の大統領政権誕生
1980年:光州事件 600人虐殺
1993年:初の文民政権誕生
(韓国は民主化してまだ23年しか経っていない)
1997年:アジア通貨危機・国家財政崩壊によりIMFに土下座


ラベル:中国
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック