2016年02月16日

[川崎市老人ホーム転落] 老人ホーム元職員の今井隼人容疑者(23)、3人殺害認める供述

[川崎市老人ホーム転落] 老人ホーム元職員の今井隼人容疑者(23)、3人殺害認める供述

老人ホーム元職員、3人殺害認める供述
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2704008.html

川崎市の老人ホームで入居者3人が相次いで転落死した事件で、逮捕された元職員の男は、3人の殺害を認めたうえで、「人目につかない時間帯を選んで犯行に及んだ」という趣旨の供述をしていることがわかりました。

 逮捕された男の身柄は16日朝に横浜地検に送られましたが、男を乗せた車はカーテンがかかっていて、表情をうかがうことはできませんでした。

 川崎市の老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」の元職員・今井隼人容疑者(23)は、おととし11月、入居者の丑澤民雄さん(当時87)をベランダから投げ落として殺害したとして、逮捕されました。

 取り調べに対し、今井容疑者は、容疑を認めたうえで、入居者の女性2人についても殺害したことを認める供述をしているということです。また、3人はいずれも今井容疑者が当直勤務をしていた未明の時間帯に死亡していますが、今井容疑者は「人目につかない時間帯を選んで犯行に及んだ」という趣旨の供述をしていることがわかりました。

Q.改めて伺いますが、突き落とした?
 「私はしていません、それはもう間違いないので。当然、もちろん(3人の)救急処置、救命処置はさせていただきました」(今井隼人容疑者 去年9月)

 警察は、今井容疑者が3人を連続して殺害したとみて追及する方針です。(16日11:22)


今井隼人容疑者.PNG



川崎市の老人ホームで入居者3人が相次いで転落死した事件で、逮捕された元職員の男は、3人の殺害を認めた上で、「人目につかない時間帯を選んで犯行に及んだ」という趣旨の供述をしていることが分かった。
テレビの報道によると、要介護2や要介護3(車椅子が必要)の自力では、ベランダから飛び降りることが出来ない入居者を殺害したようです。
介護施設が今井隼人容疑者を雇った責任は問われないのでしょうか。
ラベル:殺人容疑
【関連する記事】
posted by hazuki at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック