2016年02月02日

節分豆「3歳まで与えないこと」 気管支に入ると全身麻酔、消費者庁が警鐘

節分豆「3歳まで与えないこと」 気管支に入ると全身麻酔、消費者庁が警鐘

豆は3歳まで与えないで 節分前に消費者庁が警告
http://this.kiji.is/67026385461708282?c=39546741839462401
2016年2月2日 07時58分

乳幼児が豆やナッツ類を口にすると気道に入りやすく、肺炎や気管支炎を引き起こす恐れもあるとして、消費者庁は3日の節分に向け、「3歳ごろまでは食べさせないで」と注意を呼び掛けた。気管支に入ると、取るのに全身麻酔をかける必要があり、肺の一部を切除することもあるという。

 消費者庁などが全国30の医療機関から事故情報を収集するネットワークに、今年1月までの約5年間で20件以上の情報が寄せられた。ある1歳児は、豆を食べながら椅子から下りようとした際にむせ込み、医療機関で全身麻酔をかけて気管支から豆を除去した。




消費者庁は節分豆を「3歳ごろまでは食べさせないで」と注意を呼び掛けた。
気管支に入ると全身麻酔をかける必要があり、肺の一部を切除することもある。
ある1歳児は豆を食べた際にむせ込み、全身麻酔をかけて豆を除去した。
明日、節分ですが、3歳以下の子どもに節分豆を与えないで下さい。
ラベル:消費者庁
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック