2016年01月27日

子どものリンゴ病に注意…妊婦なら流産や死産も

子どものリンゴ病に注意…妊婦なら流産や死産も
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160127-OYT1T50083.html?from=ytop_ylist
2016年01月27日 19時19分

子どもの頬が赤くなるリンゴ病として知られる「伝染性紅斑」の患者数が、この冬、過去10年で最も多くなっていることが国立感染症研究所のまとめでわかった。

 妊婦が感染すると、流産や死産につながることもあるため、感染研では予防を呼びかけている。

 まとめによると、昨年1年間に、全国約3000か所の小児科から報告された患者数は9万8500人と過去10年で最多だった。今年に入っても、小児科1か所当たりの患者数は4〜10日で0・83人、11〜17日で0・8人と過去10年で最多の水準で推移している。

 伝染性紅斑はウイルスを含む飛まつを吸い込んだり、物に触れたりすることで感染する。1〜2週間の潜伏期間後、発熱や筋肉痛などを訴え、その1週間後に両頬が赤く腫れる典型的な症状が表れる。患者の9割以上を9歳以下の子どもが占めるが、大人の集団感染事例もある。妊娠中に感染した69人のうち、35人が流産し、14人が死産だったとの報告もある。




子どもの頬が赤くなるリンゴ病として知られる「伝染性紅斑」の患者数が、この冬、過去10年で最も多くなっていることが国立感染症研究所のまとめで分かった。
妊婦が感染すると、流産や死産に繋がることもある為、感染研では予防を呼び掛けている。
ラベル:リンゴ病
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック