2015年12月30日

同席者が大トラ騒動 “浪速のエリカ”上西小百合は今や疫病神

同席者が大トラ騒動 “浪速のエリカ”上西小百合は今や疫病神

同席者が大トラ騒動 “浪速のエリカ”上西議員は今や疫病神
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/172590
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/172590/2
2015年12月29日

今年、国会サボリ疑惑で話題となった“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員。つい最近、元秘書が実名で「病欠はウソ」と告発したが、話題は尽きない。上西議員と飲んでいた大阪維新の会の大阪府議が泥酔し、警察に一時保護される“大トラ”騒動を起こしたのだ。上西議員と関わるとロクなことがない。

 関係者によると、この府議は山本大氏で上西議員の地元(大阪7区)の選出。山本府議は13日未明、泥酔状態でタクシーに乗車し、道を間違えたとして、運転手の座席を蹴ったという。運転手の通報で、山本府議は大阪府警に一時保護された。維新は22日、山本府議を党員活動停止3カ月間の処分に加え、「任期中に飲酒した場合、党を除名になっても異議を申し立てない」との誓約書を取った。

 この山本府議と一緒に飲んでいたのが上西議員だったのである。他にも上西議員の地元選出の地方議員も出席していたというが、なぜ維新を除名になった上西議員が維新の現職府議と飲むのか。

維新関係者は「橋下徹氏が引退したのをいいことに上西議員は維新への復党を狙ってるねん」と語る。維新除名後、上西議員は民主党への入党を画策したが、当然のことながら失敗した。そして、次に狙ったのが橋下氏と袂を分かった松野頼久衆院議員ら東京組の維新。しかし、ここからも蹴られた。そこで橋下氏がいなくなった大阪維新に再び、目を付けているのだろう。

「上西議員は橋下氏がいなければと思ってるようやけど、上西議員の大阪7区は橋下の秘書をやっていた奥下剛光氏を擁立することが決まっている」と前出の関係者。今や四面楚歌だが、それも当然で、上西議員を政治の道に導いた前大阪府吹田市長は4月に落選。上西問題が影響して大阪都構想は否決され、橋下氏は引退に。そして、今回の大トラ騒動。疫病神からはどんどん、人が離れていくだろう。


上西小百合.PNG



上西小百合と飲んでいた大阪維新の会の大阪府議が泥酔し、警察に一時保護される大トラ騒動を起こした。
上西小百合と関わるとロクなことがない。
何故、維新を除名になった上西小百合が維新の現職府議と飲むのか。
維新関係者は「橋下徹氏が引退したのをいいことに上西議員は維新への復党を狙ってるねん」と語る。
民主党の入党の画策が失敗、維新の党からも蹴られ、大阪維新の会の復党を狙っていても、そう簡単に行くものか。




関連

上西小百合 元公設秘書が実名告発「国会欠席はズル休み」
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431631507.html
ラベル:上西小百合
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック