2015年12月25日

大安、仏滅…六曜「差別につながる」 カレンダー配布中止、大分

大安、仏滅…六曜「差別につながる」 カレンダー配布中止、大分
http://www.sankei.com/west/news/151225/wst1512250086-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/151225/wst1512250086-n2.html
2015.12.25 20:52

大分県や佐伯市などは25日、カレンダーや冊子に大安や仏滅といった「六曜」を記載していたとして、配布中止などの対応を取ったと明らかにした。県人権・同和対策課は「科学的根拠のない迷信を信じることが差別につながる場合がある」と説明する。

7万部近く作ったが…「大安」もダメ!?

 六曜は古代中国で生み出されたとされ、日の吉凶に関する習わし。平成17(2005)年にも人権団体からの指摘で、大津市の職員互助会の職員手帳が問題になった例がある。

 大分県や6市町村などでつくる団体が、世界農業遺産に認定された「国東半島宇佐地域」の写真を使い作製したカレンダーに記載があることに気付いた。約1900部を配った関係機関には使わないよう求め、今後配布しない。

 佐伯市は28年から10年分の日記スペースがある冊子を5万冊作製。以前人権担当をしていた職員が21日に気づき、配るのをやめた。

杵築市はカレンダー1万2千部を25日に市内の全世帯に配布する予定だったが、六曜を削除して作り直すことを決め、臼杵市役所に事務局を置く「市農業者年金協議会」は会員らに配ったカレンダー約230部の回収を始めた。


六曜カレンダー.PNG



大分県や佐伯市などは25日、カレンダーや冊子に大安や仏滅といった「六曜」を記載していたとして、配布中止などの対応を取ったと明らかにした。
県人権・同和対策課は「科学的根拠のない迷信を信じることが差別につながる場合がある」と説明する。
友引には葬式はしないですね。
結婚式は大安か友引が良いです。
六曜のカレンダーは、重宝しています。
六曜の何処が差別なのでしょう。


ラベル:大分県
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック