2015年12月19日

堀江貴文氏 公明党が軽減税率を求めた裏事情を指摘「聖教新聞を守るため」

堀江貴文氏 公明党が軽減税率を求めた裏事情を指摘「聖教新聞を守るため」
http://news.livedoor.com/article/detail/10973291/
2015年12月19日 8時35分 トピックニュース

18日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で堀江貴文氏が、軽減税率適用をめぐる公明党の狙いを解説する一幕があった。

番組では「夕刊ベスト8」のコーナーで「軽減税率で8万店が消失する」と題した、日刊ゲンダイの記事を取り上げた。記事では、コンビニやスーパー、百貨店の各社が、2017年の消費増税による消費の落ち込みや倒産を懸念していた。また、軽減税率適用によるレジシステムの対応も、経営に負担をかけるとのことだ。

スタジオでは、司会のふかわりょうが、コメンテーターの堀江氏に「新聞も(軽減税率の)対象になるわけですが…。どう思われますか」とコメントを求めた。

これに対して堀江氏は、公明党が自民党に、執拗に軽減税率の対象に新聞を含めようとしてきたことを振り返り「公明党がなんでそんなに言ってるかっていうと、支持母体の聖教新聞(にかかる消費税)が8%から10%になったら、(購読者が)激減すると思うんですよ。契約が」と推測した。

これにミッツ・マングローブが「でも、消費税が上がったからって、聖教新聞を取らないなんて、会員として不届きなんじゃないですか?」と疑問を呈すと、堀江氏は「いやいや、だけど、そういうところで考えるじゃないですか人間て。『上がっちゃったんだったら、もう要らないかな』みたいな…。紙じゃなくてもいいやとかね」と反論した。

また、ふかわが、軽減税率について国民は、食品を中心にイメージしていたのではと指摘すると、堀江氏は「新聞が本命なんですよ、多分。聖教新聞の読者(の数)を守りたい!みたいな。絶対にそうだと思う」と力説していた。


堀江貴文.PNG



18日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で堀江貴文氏が、軽減税率適用を巡る公明党の狙いを解説する一幕があった。
スタジオでは、司会のふかわりょうが、コメンテーターの堀江氏に「新聞も(軽減税率の)対象になるわけですが…。どう思われますか」とコメントを求めた。
これに対して堀江氏は、公明党が自民党に、執拗に軽減税率の対象に新聞を含めようとして来たことを振り返り「公明党がなんでそんなに言ってるかっていうと、支持母体の聖教新聞(にかかる消費税)が8%から10%になったら、(購読者が)激減すると思うんですよ。契約が」と推測した。
公明党の支持母体の創価学会が出している聖教新聞ですね。
新聞にも軽減税率が適用されますからね。
ホリエモンの言っていることは正しいですね。




参考

[軽減税率] 新聞も対象「宅配、週2回以上」、書籍・雑誌は結論先送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431230006.html

[軽減税率] 「食品全般」「外食は除外」自公が正式合意 財源1兆円は結論先送り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/431088544.html
ラベル:堀江貴文
【関連する記事】
posted by hazuki at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック