2015年12月13日

インドに日本教育と日本研究の拠点となる「日本センター」設置へ 中国の「孔子学院」に対抗

インドに日本教育と日本研究の拠点となる「日本センター」設置へ 中国の「孔子学院」に対抗



インドに日本センター設置へ 中国の「孔子学院」に対抗
http://www.sankei.com/politics/news/151213/plt1512130015-n1.html
2015.12.13 11:18

【ニューデリー=田北真樹子】日本政府は、インドで日本教育と日本研究の拠点となる日本センターを、ニューデリーのネール大学に設置する方針を固めた。中国政府が世界中に設置している文化機関「孔子学院」に対抗する取り組み。日本はすでにバングラデシュのダッカ大学で日本研究センターの設置を支援しており、インドでも研究機関を設置し、日本の存在感をさらに高めることを狙う。

 ネール大学は1969年に設立された大学院大学。インドではデリー大学などでも日本関連の研究プログラムがあるが、学士、修士、博士のすべてが取得できるのはネール大学だけとなっている。

 安倍晋三首相は11日、ニューデリー市内でネール大学学長より国際関係論の名誉博士号を授与された。その際、「将来的な日本研究センターの可能性も視野に日本語教育、日本研究を充実させるべく協力していきたい」と述べていた。




日本政府は、インドで日本教育と日本研究の拠点となる日本センターを、ニューデリーのネール大学に設置する方針を固めた。
中国政府が世界中に設置している文化機関「孔子学院」に対抗する取り組み。
中国当局の「スパイ機関」という疑念が強まっている孔子学院。
孔子学院に対抗して、世界中に設置出来ると良いですね。




関連

「孔子学院」の調査要求、米議会 政府監査院に
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/410131277.html

「中国の手足、学問の自由を無視」 北米で相次ぐ『孔子学院』批判と閉鎖
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/407621177.html

日本にもある中国政府肝いりの「孔子学院」 北米で次々閉鎖、「スパイ機関」の疑い濃厚
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406492340.html

「孔子学院」にノー 米シカゴ大、契約打ち切り
http://hazukinoblog.seesaa.net/article/406135259.html
ラベル:自民党
【関連する記事】
posted by hazuki at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック