2015年12月12日

児童扶養手当、倍増を検討 ひとり親家庭、2人目以降

児童扶養手当、倍増を検討 ひとり親家庭、2人目以降
http://this.kiji.is/48255693454917633?c=39546741839462401
2015年12月12日 12時50分

政府は12日、ひとり親家庭に支給する児童扶養手当で、子どもが2人以上いる世帯への加算を来年度から増額する検討に入った。子ども2人の場合は現行の5千円を1万円に、3人以上の場合は現行の3千円ずつから6千円ずつに、それぞれ倍増させる方向で調整している。

 子ども1人の場合は世帯の所得などに応じて最大月額4万2千円を支給しているが、2人目以降は支給額が大きく減るため、見直しを求める声が出ていた。財源は国と地方合わせて約300億円(うち国費約100億円)と見込まれ、今後の予算編成で細部を詰める。




政府は12日、ひとり親家庭に支給する児童扶養手当で、子どもが2人以上いる世帯への加算を来年度から増額する検討に入った。
子ども2人の場合は現行の5千円を1万円に、3人以上の場合は現行の3千円ずつから6千円ずつに、それぞれ倍増させる方向で調整している。
児童扶養手当は所得制限がありますが、シングルマザーなどの支えになると思います。
子供を貧困から救います。
参議院選を睨んだ政策とは言え、朗報です。



子どもの貧困を断ち切れ 児童扶養手当2人目以降の増額を求めて
ラベル:自民党
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック