2015年12月07日

[政府] 女性の就労拡大へ補助金=社会保険「130万円の壁」

[政府] 女性の就労拡大へ補助金=社会保険「130万円の壁」

女性の就労拡大へ補助金=社会保険「130万円の壁」−政府
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120700727&g=eco

政府は7日、経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)を開き、パート女性ら短時間労働者の就労拡大策について議論した。塩崎恭久厚生労働相が主婦らの働く意欲を抑える要因とされる社会保険料負担の「130万円の壁」をめぐる対策として、パートなど短時間労働者の収入増につながる賃上げや労働時間延長を条件に、企業に補助金を給付する方針を示した。
 主婦らの収入増を促し、社会保険料支払いへの負担感を和らげるのが狙い。安倍首相は「(対策により)短時間労働者の労働時間や賃金を増やし、手取り額が増えていくことを期待している」と語った。
 現行制度では、年収が130万円を超えると健康保険や公的年金の保険料負担が発生する。手取り額が減ることなどを嫌い、年収を抑えるために労働時間を調整するパートの女性が少なくない。また2016年10月からは従業員501人以上の企業で、社会保険料負担の「壁」が106万円に下がることで、パートに労働力を頼る企業では人手不足が深刻化する恐れが指摘されている。(2015/12/07-19:19)


安倍晋三首相(左から2人目).PNG



主婦らの働く意欲を抑える要因とされる社会保険料負担の「130万円の壁」を巡る対策として、パートなど短時間労働者の収入増に繋がる賃上げや労働時間延長を条件に、企業に補助金を給付する方針を示した。
130万円の壁を先に何とかすべき。
パートの主婦らに補助金を給付するのではなく、企業に補助金を給付ですか。
女性の就労支援とは名ばかりで、女性を奴隷のように働かせたいようにしか思えない。
企業へのばら撒きでしか女性の就労支援が出来ない馬鹿政府と馬鹿首相に馬鹿厚生労働大臣。
政府ご用達の読売新聞の記事の見出しは酷いものです。
「「130万円の壁」気にせずパート…補助金新設」とあります。



「130万円の壁」気にせずパート…補助金新設
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151207-OYT1T50141.html?from=ytop_ylist
2015年12月07日 21時23分
ラベル:安倍晋三
【関連する記事】
posted by hazuki at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック