2015年11月30日

身代金目的で男子中学生の誘拐を計画 容疑で中国人の男2人(李強(リ・キョウ)容疑者(25)と王斌(ワン・ビン)容疑者(24))を逮捕へ 茨城県警

身代金目的で男子中学生の誘拐を計画 容疑で中国人の男2人(李強(リ・キョウ)容疑者(25)と王斌(ワン・ビン)容疑者(24))を逮捕へ 茨城県警



身代金目的で男子中学生の誘拐を計画 容疑で中国人の男2人を逮捕へ 茨城県警
http://www.sankei.com/affairs/news/151130/afr1511300008-n1.html
http://www.sankei.com/affairs/news/151130/afr1511300008-n2.html
2015.11.30 14:51

茨城県鉾田市で、日本人の男子中学生を連れ去って親族から現金数千万円を奪う計画を立てたとして、茨城県警が身代金目的拐取予備の容疑で、中国籍の男2人を、今週中にも再逮捕する方針を固めたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。同容疑での逮捕は異例。

 捜査関係者によると、男2人は、いずれも中国籍の自称無職で、水戸市西原の李強(リ・キョウ)容疑者(25)と、鉾田市鉾田の王斌(ワン・ビン)容疑者(24)。

 県警が11月11日、知人の中国籍男性(29)の手足を縛ってけがを負わせたとして、逮捕監禁致傷容疑で両容疑者を逮捕した際、王容疑者の自宅アパートや、李容疑者の所有する乗用車内から男子中学生を連れ去る計画が書かれた複数のメモが見つかった。

メモには「警察に知らせれば子供は死ぬ」などと家族を脅迫するための文言や、身代金の受け渡し場所を二転三転させて警察の捜査を攪乱する手法などが、中国語と日本語で書かれていたという。

 県警では手口が詳細に書かれていることなどから、近く2人が犯行を実行する予定だったとみて予備容疑での逮捕を決めた。




茨城県鉾田市で、日本人の男子中学生を連れ去って親族から現金数千万円を奪う計画を立てたとして、茨城県警が身代金目的拐取予備の容疑で、中国籍の男2人を、今週中にも再逮捕する方針を固めたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。
誘拐の罪が重いのを知ってのことか。
金銭目的で犯罪を犯すのならば、罪を償い、刑務所で不味い飯を食ってから祖国の中国へ帰れ。
【関連する記事】
posted by hazuki at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック