2015年11月24日

石垣島に配備の陸上自衛隊500人規模に…中国に対抗

石垣島に配備の陸上自衛隊500人規模に…中国に対抗

石垣島に配備の陸自500人規模に…中国に対抗
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151123-OYT1T50165.html?from=ytop_ylist
2015年11月24日 09時17分

政府が南西諸島防衛の強化のため石垣島(沖縄県)に配備を計画している陸上自衛隊が、500人規模となることが分かった。

 次期中期防衛力整備計画(中期防、2019〜23年度)中の整備を目指す方針で、週内にも若宮健嗣防衛副大臣が石垣市を訪れ、中山義隆市長に理解を求める。

 配備を計画しているのは、大規模災害や離島攻撃の際に初動対応を担う警備部隊や、ミサイル部隊など。政府は当初、現中期防(14〜18年度)中の配備を検討し、14年中に部隊規模などを決める方針だったが、11月に沖縄県知事選を控えていたこともあり、「負担を増やすべきではない」(防衛省幹部)として見送った。

 政府が南西諸島防衛を強化するのは、中国が東シナ海でも海洋進出を活発化させているためだ。今月11〜12日には中国海軍の情報収集艦が沖縄県・尖閣諸島の接続水域(領海の外側約22キロ)に近づいた。政府は今年度中に日本最西端の与那国島(沖縄県)に150人の沿岸監視部隊を配備するほか、18年度までに宮古島(同)に700〜800人、奄美大島(鹿児島県)に550人の、警備部隊やミサイル部隊を配備する。




政府が南西諸島防衛の強化の為、石垣島(沖縄県)に配備を計画している陸上自衛隊が、500人規模となることが分かった。
次期中期防衛力整備計画(中期防、2019〜23年度)中の整備を目指す方針で、週内にも若宮健嗣防衛副大臣が石垣市を訪れ、中山義隆市長に理解を求める。
沖縄を中国領にしようとする中国から尖閣諸島を守る為、石垣島や宮古島を守る為、陸上自衛隊を石垣島へ500人規模で配備する必要はあります。
朗報です。



【日本/陸上自衛隊】「自衛隊配備ぜったいさせない」石垣島への陸上自衛隊配備に反対…250人が抗議活動!
ラベル:防衛省
【関連する記事】
posted by hazuki at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック